Paladins:良いタレントと良いカード

Paladins
スポンサーリンク

ランクマッチをこれから始める人向け

キーボードマウスでプレイする場合を想定しています

まず初めにPaladinsには各チャンピオン3つのタレントを所有します(46チャンピオン)

2レベル、8レベルに上がる事で全てのタレントを使用可能になるのですが

残念ながらタレント選びでまったく役に立たないチャンピオンも存在します


画像だけでも分かるようになっています

画像を用意しているのでそれだけで大体はわかると思います

タレントに合わせて入れたいカードの紹介もしているのでロードアウトの

参考にしてもらえればと思います。


タレントやカード説明は簡単に済ませています

各チャンピオンのページではスキルやタレントカードなどの基本情報と

ロードアウトを紹介しているのでそちらをご覧ください

チャンピオンのアイコンをクリック(タッチ)するとリンクする様にしておきます

フロントライン・グループ1

キャプチャーポイントの制圧が得意


Barik

タレント改造以外の2つのタレントを推奨します。

改造以外のタレントではHS(ヘッドショット)が出せます

至近距離では750ダメージを狙えるのが大きいです

ほかにも弾速が遅くなったり改造でなくても100~250ダメージを離れた敵に与えられます

では二つのタレントをどの用に使い分けるかですが火力と防衛力を天秤にかけます

火力が出したければタレット強化の「図案
防衛力を高めたいなら「要塞化

おすすめカード

各カードは2~4でバランスを取ります。

4枚のカードに回復系のカードを足したものを使用しています


Inara

現状のInaraはそこまで3つのタレントに差はありません。

今まで長い間「母なる恵み」が選ばれてきましたが弱体化され特別強いというほどでも無く

大抵の場合母なる恵みを選んでもアイテム「耐性」を買った方がよい場面は多いです

母なる恵みの効果が切れたタイミングを狙われる

2枚のカードを土台にロードアウトを組む

安定してカード「聖地」が極めて優秀

監視者のフィールド上に居る時に5%ダメージ軽減を得ることが出来ます

Lv5では25%物ダメージ軽減を得られるので非常に強力です

タレント「ゆらめき」を選ぶ場合にはカード「岩山」が頼りになります

袋小路使用時にHP150回復を得る(CD5秒)

そのほか単純にHPを増加できる「不抜」を入れておけば倒され辛くすることができます。


フロントライン・グループ2

キャプチャーポイント制圧よりもキルや妨害が得意


Ash

タレント「破城槌

ショルダーバッシュの溜め中に75%のダメージ軽減を得る

打診はLv1でも意外と効果を発揮してくれる場面が多いです。

ULTがスタンの効果を持つので経験の多い相手ほど「耐性」を購入します

最前線で戦うことを得意とするので少しでも生き延びるのに役立ちます

このタレントに合わせてカード「バンガード

ショルダーバッシュ使用後2秒間8%のダメージ軽減

不屈の精神

ライフスティール10%を得る

この2枚のカードを入れることで更に耐える力を得ることが出来ます。


Atlas

時の境界

ステイシスフィールドが巨大化しその代わりCDが増加します(21秒)

主にキャプチャーポイント周辺の横幅が狭い場合に選択します

うまく利用できれば一定時間一方的に攻撃を与えることが出来ます

デジャブ

セットバックが範囲効果になり複数人の時間を戻すことができるようになります

時の堺界を選ばない場合はこちらを使うのが定番

敵が固まりやすいエリアが存在するマップなどで活躍する可能性がある

Atlasはマップ「Ice Mine」でImaniと連携する事でドラゴン召喚時に本体を狙う敵を

セットバックで妨害することが出来るのでなかなか頼もしい

不安定な亀裂」は性能を生かせる状況が少なく避けるのも簡単な為、選ぶ理由がない。

カード

失われた遺産」「生命再生」などの回復関連カードと合わせる

遥かな記憶

最大HPの50%以下の時に回復量が5%増加する

これらのカードを組み合わせ再生能力を伸ばす

アビリティーを使いこなすのは難しいチャンピオンですが単純に火力は高いので

生き延びるロードアウトを作り積極的に仕掛ければある程度活躍が見込めます

フロントラインの中では対空が得意なチャンピオンです


Khan

弾丸の嵐

威力が25%低下する代わりに連射速度が40%増加する。

以前はスタンが強力な竜巻グリップが強力でしたが弱体化やアイテム「耐性」の価格見直し

などいろいろな要素を受けて現在は弾丸の嵐が主流

DPSを生かし射程距離内でフロントライン以外に対して非常に強力です

併せて使いたいカード

過剰な力

ヘビーリピーターの装填数が3発増加する

マガジンを大きくする事で1マガジンでキルに持って行けるようにします(Lv5で+15発)

タレント竜巻グリップを利用したスキル司令官のわしづかみから展開する戦い方よりも

弾丸の嵐を利用しヘビーリピーターで撃ち合う方がシンプルで分かりやすいので

実は現在のバージョンでオフタンクで使うには使いやすいチャンピオンです

有効射程内で戦う事さえ意識すればある程度貢献しやすいと思います。


Raum

エンフォーサー

ジャガーノート中に受けるダメージが40%軽減

アーススプリンター

ULTチャージが60%増加


基本は「エンフォーサー」で「アーススプリンター」は状況による。

敵チームにクリップルやスタンといった状態異常を持ったチャンピオンが多い場合に

アーススプリンターを選ひます。

そもそもクリップルやスタンが敵に多い場合はRaumを選ぶのは適切ではないので

エンフォーサーを利用したRaumがほとんどかと思います。

カード

虚ろな領主

ソウルハーベスト発動時に3秒間5%のダメージ軽減を得る

ソウル回収によるHPブーストに合わせてダメージ軽減が得られるのでとても優秀です

征服

ジャガーノートの移動距離を8%増加する


Ruckus

航空攻撃」 前進のチャージが3回になる

垂直方向にも前進が使えるようになるので戦略の幅が広がります

カード

備蓄燃料

前身の移動距離が7%増加する(Lv2~4)

クリスタルキャバスター

ミサイルランチャーのCDを0.7秒短縮する

2021/2のアップデートで強化された2枚カード

特に栄華は2発同時にミサイルランチャーを飛ばすので2発当たれば120回復

さらに複数に当たればx人数なのでかなりの回復量を期待できます


Torvald

ありがとうおじいちゃん!

防御によるヘルスシールドを追加で300増加する

弱体化が決定しているタレントですが味方にヘルスシールドを付与します。

4秒と短時間ですがカードを合わせる事で強化を強化してくれます

ウィンドダンサー

2秒間移動速度が上がり追撃や逃げる時に活躍します。

命を与えし者

ヘルスシールドの上に回復も与えるので戦闘中で傷ついた味方を補助できます

この2枚のカードを土台として組んでいくのが基本です。

実はフロントラインにも相性が良い

積極的に攻撃を仕掛けるフランクなどと相性がよく序盤でラッシュを掛けて試合が長引かない

様に短期決戦に持ち込むのが必要です。

味方DPSが前に出ない場合は相方となるフロントラインに防御をかけておしりを叩き前を出す

戦い方にシフトするなど工夫が必要

他にも狙われたサポートを助けたりとロードアウトを活かした周りを見渡す力がとても

重要になってくるのでチャンピオン自体の難易度が高いです。


Yagorath

2021年2月に実装されたチャンピオン

正直まだまだどのような利用が最適なのかは不明です

3つのタレントは攻撃・支援・自己回復と被らずに自身のプレイスタイルと相談して

決めるのがいいかなと思います。

狭いマップでは「視覚がもたらす強さ」の効果によって原始の視覚が活躍します

索敵+味方にバフを与えらえるので敵の位置を味方と共有しつつ有利に戦えるのでおすすめ


視覚がもたらす強さ

原始の視覚が放つパルスが味方に当たる度に以下の効果を付与

・ヘルスシールド125
・移動速度増加15%

効果時間は4秒間でパルスは5回

カード

一時代の終わり

効果時間は短くなってしまいますが硬化のダメージ軽減率が更に上がる優秀なカード

効果時間が短くなるので付近の敵にダメージを与えられるチャンスも増えるのが地味に良い

ただし最大力は落ちてしまう(効果時間が短くなるため)

絶滅

ノックバックなどの状態異常の一部をスタンとして受けるYagorathはCC耐性が重要

高いレベルで入れとくと大分安心でアイテム「耐性」と合わせるとより安心


フロントライン・グループ3

判断能力が重要なフロントライン


Fernando

炎熱

ファイアボールの威力が敵に当たる毎に20%ずつ増加する

火力を出したい場合に向いているタレント

シールドの扱いに慣れていないとシールド展開が間に合わず使いこなすのは難しい


イージス

シールドの展開時間が無制限になりCDが4秒短縮される

炎熱と比べシールドCDが短い分、生き延びるのは楽だが貢献するのはこちらの方が

難易度は高くなります。


カード

Fernandoは突き詰めるとある程度形が決まってしまいます。

移動速度UP好みで「助走」もしくは「炎の追跡

必須搭状バリア

シールドのCDを0.8秒短縮する

Lv1~2で採用「最後の抵抗」「熱伝導

熱伝導と助走の相性が◎


Makoa

現在はハーフシェル一択になってしまってますね。

360度を守ることができるシールドをどこでも設置可能で破壊されない限りは一定時間

攻撃を防ぐことができる優れたタレントです。

さらにカードにシールドが攻撃を受ける度にCDを短縮することが出来るので相手は攻撃を

シールドに入れることが出来ないのもこのタレント+カードの強みになります。

ただしMAKOAの対策も利用もチームが理解し利用できなければ性能が活かせません

オフタンクとしてフランクと共に活用できるのがベストですがシールド展開中にリードが

できない場合にシールドなしで10秒以上戦わなければならず中々難しいです。

バリアリーフの効果が弱体化され500→800ダメージとなりました。

破壊された時、最大6秒CD短縮になりMakoa自体が正直微妙になっています


Terminus

衝突

シャッターフォールのスロウ効果が1秒間のスタンに変化する

完全にFernandoに対して有効なタレントで主に狭いマップで使用します

このスタンを活かし一気に詰めて斧で殴るのがお決まりの戦い方です

ネクロマンサーの力アボミネーネーションはどのタレントとも相性がよく

ネクロマンサーの力で攻撃を吸収してカラミティブラストを貯めやすくします。

アボミネーションはカラミティブラストを当ててパワーサイフォンのゲージを回復

これにより遮蔽物が少ない場面でも攻撃を通さず行動が可能になります

大量破壊

カラミティブラストの威力を100増加させる

主にマップが広い場合に有効なタレントです。

2枚のカードと相性も良く5発連続で当てることに成功すれば1750ダメージを与えることが

出来るのでフロントラインとしてキャプチャーポイントから離れた敵に対し大打撃を与え

トドメに持ち込めるチャンスが広がります。

Terminusの良い所はポイントタンクもオフタンクの仕事もできる点です。

InaraやBarikに対して殴りやすく大抵のオフタンクに対しても距離を詰めれば有利です

そのほかのカラミティブラスト関連のカードも非常に優秀


サポート・グループ1

十分な回復と火力


Corvus

拡散する支配

運命の印の効果が35%に減少する代償として二人の味方を運命の印で指定できる

必須カード

全体設計

印を付与した味方に3%のライフスティール効果を与え味方がこの効果で得た回復を

Corvus自身も受けられる

破壊的観測

印を付与した味方に3%の移動速度増加効果を付与する


2021/2のアップデートにより

タレント壊滅が強化され攻撃的なFuriaも全然ありです!

DPSとして戦う場合には回復に時間をかけるのがもったいないです

2Supportでの使用なら全然◎(攻撃と回復の切り替えが忙しいです)

Furia

慈愛

魂の鼓舞の回復量を上げスキルの射程距離を伸ばします

離れた味方にも射線が通れば回復できるためフランクなどに有効です

太陽の祝福

パイアストライクで味方を回復することが可能になりスキルの移動速度が30%遅くなる

ポイントタンクがタレントを理解しキャッチすることが出来ればかなり強力

壁越しに回復を飛ばす事も可能になるので障害物や壁の多いマップでも有効

回復に使用する為、自衛能力が低下するので上級者向け

カード

ライトフォージ

20秒のCDが存在するが魂の鼓舞を使用するとパイアストライクのCDが5秒短縮される

カードのレベルを上げる毎に効果再発動までのCDが減っていく

Lvが低くても十分優秀なカードの為「太陽の祝福」でない場合はLv1で採用しよう

夜明けの光

魂の鼓舞で回復した味方に対して2秒間、35ヘルスシールドを付与する

炎の誓い

魂の鼓舞使用後3秒間かけて105回復を得る


Grover

地下の根

クリップリングスローの効果を強化し1秒間その場に固定する

短時間、相手の動きを完全に停止させる事でアシストに貢献する

カード

多年生

ブロッサムのCDを0.4秒短縮します

アンストッパブル

ブロッサム使用後4秒間6%のダメージ軽減を得る

体が大きく被弾しやすいのでダメージ軽減でタフにする事が重要


IO

女神の祝福

ムーンライトで回復中の味方に15%のダメージ軽減を与える

カード「ムーンウォーク

ムーンライトの最大容量が8%増加する

信仰回復

ムーンライトで味方を回復する度に10回復を得る


Jenos

ルミナリー

アストラルマークに10%の威力増加効果を付与する

↑基本はこちらのタレントが選ばれます

パワー・コスメーム

ボイドグリップがクリッピング効果を得て更に追加で480ダメージを与える

強力なフランクが存在するあるいは複数のフランクがいる場合に採用します。

代表的なフランクはAndroxusやEvieでボイドグリップを使用することで処理が楽になります

アストラルマークのカードは全て重要なカードです

カード「光年の果て

アストラルマークの射程距離を4%延長する

アストラルサイクル

アストラルマークのCDを0.4%短縮する

相関性

アストラルマーク使用後10秒間、毎秒40回復を得る(Lv2~3で採用)


サポート・グループ2

火力・状態異常


Grohk

旋渦

雷の杖で攻撃することでショックパルスのCDが0.5%ずつ短縮される

更にショックパルスによるチャンピオン間のバウンド回数が最大10回になる

タレントトーテムの守衛による回復メインの立ち回りもなくはないが難易度が高すぎる為

やはり旋渦での攻撃枠として使用するのが一般的です。

トーテムの設置方法が変化した際に僅かに配置速度が遅くなったのも関係してます。


カード「アークライトニング

ショックパルスの連鎖範囲(バウンドの距離)が8%増加する

避雷針

ショックパルスが敵にヒットする度に30HP回復を得る

ショックパルス→ゴーストウォークでしっかり回復するのがポイントです


Mal’Damba

選ばれし精霊

修復の精霊に即座に250回復を与える効果が付きます

離れた味方に対しても回復が可能でピンチの味方に効果的です


ウェコノの憤怒

リロード後の飛ばす蛇の威力が500増加する

正確に攻撃を当てる技術が必要になりますが高い火力とスタンで影響は大きいです

1サポート構成では選ばれし精霊、2サポート構成ではウェコノの憤怒を選択する

使い分けが可能です(相棒となるサポートは十分な回復可能なチャンピオンの場合に限る)

カード「不気味な存在

修復の精霊に失敗した場合にCDを0.5秒短縮する(Lv3~4)

憑依

修復の精霊で味方が回復中に4%のダメージ軽減を得る

儀式魔法

修復の精霊で味方が回復中に毎秒15回復を得る(Lv2~3)

ここに味方のフロントラインに合わせて移動速度UPのカードを入れられると◎

具体的にはFernandoやTerminusに移動速度UPで補助してあげると仕事がしやすくなる


Pip

メガポーション

回復ポーションの効果が115%増加

カード「リロード」「送り主

触媒

カード「精力」「サイドタンク」「洞察力

正直ランクマッチでのPipはよほど慣れていなければ通用しないのでオススメしません

一応いくつかカードを挙げていますがカジュアルで目立った活躍ができているなら

すでに独自のロードアウトを持っていると思います。

4枚を入れるというよりかはフランクPIPとして使うなら右の2枚を入れるという

使い分けが必要です。

無重力関連のカードを入れたりプレイヤーによってロードアウトの差が大きいです


2021/2のアップデートによりタレントモータルリーチが強化

これによってヒーラーとしてのSerisはかなり優秀です。

グループヒールの性能も上がっているので密集した味方を回復するとより強力

スキル魂分裂の仕様が変わりCDが半分に下がったので紹介したソウルコレクター

苦痛も強くなっているため現状ではどのタレントも素晴らしいです

Seris

ソウルコレクター

魂の分裂でストック(最大15)が溜まり最大HPと攻撃力がストック数x2%増加

2月のアップデート以降は輝くと思います。

最大にまで時間がかかってしまいますが他DPSと見劣りしないほどの火力を得ます

カード「影の歩み」「邪悪」「エッセンススリップ

苦痛

ソウルオーブが敵に4個溜まった状態で魂の分裂を使用すると1.5秒間スタンを与える

カード「ベール」「血の契約

ヒール専門として利用される場面を多く見るが貢献する条件はなかなか難しいチャンピオン

回復を意識しすぎると攻撃面がおろそかになってしまう為回復だけのプレイヤーになり

火力での支援が欲しくなる。

モータルリーチでしっかり攻撃面でサポートできる場合、ソウルコレクター苦痛

それ以上に貢献出来る為モータルリーチを外しています。

回避スキルが優秀である程度ダメージを受けながら共闘できなければ味方の荷物になる


Ying

焦点レンズ

幻影の鏡が全て当たると200ダメージ追加される

カード「スプリングフォワード」「春爛漫」、Lv1~2で「ハーモニー」「破砕

ライフ交換

粉砕の効果が進化し味方に向けて使用することで700回復を与えるがCDが1秒伸びる

カード「Lv5脆弱」「春爛漫」「スプリングフォワード

ルックスが良く人気のサポートチャンピオンだが活躍するにはかなり難しいチャンピオン

次元リンクを使いこなすのがレベルまで行くとやはり独自のロードアウトは完成しているはず

2サポート構成では焦点レンズで積極的な攻撃をしかけULTで回復ブーストをかけてのラッシュ

1サポート構成ではライフ交換で味方を回復中心に攻撃速度を生かしてダメージも入れる

ランクまで無暗に使うと元々のチャンピオンの難しさで苦しむことになります


ダメージ・グループ1

連射するライフルを使用するダメージ
LIANはセミオート


Lian

好機

プレゼンスが距離により50%まで威力が増加しCDが4秒短縮される

このタレントとカードの組み合わせが強すぎて使われているのが現状です

置紋

このカードの強さは敵が一直線に重なった状態で2人以上に当たった場合

Lv5では5x人数分のCDが短縮されプレゼンスを連発することが可能になります

Lian相手の場合は一直線に並ばない事が地味に重要になってきますが狙われた場合の

DPSが恐ろしく高く他二つの攻撃が追尾する機能により一瞬で敵を溶かします。

プレゼンスの連発は挙手の礼で大きく回復も出来るので瞬間火力+瞬間回復が脅威です

元のHPが少ないので最大HPを増やすカードと組み合わせるもおすすめです


Tyra

慈悲殺

グレネードランチャーが3つのチャージに変化します

現状ではこのタレントが安定して強いと言えます

このタレントは紹介するカードと相性がよくカード効果によるダメージ軽減が優秀です

ダメージロールの中で最も高いHPを持つTyraは最大HPを上げるカードと合わせると

更に積極的に仕掛けることが出来、前線を上げるのに役立ちます

5枚のカードを挙げていますが一番左の「高揚」が重要です

弾帯を合わせてグレネードランチャーの回転率を上げるロードアウトが一般的です

3発のグレネードで1エリミネーションを絶対に取ると言う意思があれば「原始的な力

カードレベルを上げて全体のスキルの回転率を上げる使い方も活きます。

原始的な力は次に紹介するタレント「焼けろ、化け物め」とも相性がいいです

ファイアーボムの威力が30%増加,+60%の回復阻害効果,クリップル効果

ファイアーボムを強化するタレントですがファイアーボムを大切に使わなければいけません

1つのファイアボムでしっかりキルに繋げなければいけないので選ぶ人が多い割には

使いこなしている人が少ないのが個人的な印象です。

Raumなどの瞬発力が重要なチャンピオンに対して非常に強いのですが序盤で投げるより

倒しきるタイミングで投げ込みキルに持っていきやすいので意識する必要があります。


Viktor

バーストモード

アサルトライフルがフルオートから3点バースト射撃に変更され威力が変わります

3点で射程距離内では600ダメージ

最低火力を他タレントと比べた場合に1発あたり80→130ダメージに上がるのが特徴

この性能により200ユニット以降でもある程度ダメージを出すことが出来るダメージになる

ただ有効射程は100ユニットなのでなるべく100ユニット以内の敵に攻撃を入れるのがベスト

とはいえそこまで3つのタレントに差があるとは思いません。

5枚のカードを用意しました。

グレネードの扱いが非常に重要で連続したグレネードでキルに持ち込める展開も多く

グレネーダーはロードアウトに欲しいです。

射撃体勢も射撃中の移動速度低下のペナルティーを抑えることに役立ちおすすめです

この2枚を中心として右側3枚を候補に入れつつ自分なりのアレンジを加えてみてください

プレデター」は味方にCorvusがいれば選択肢としてありです

爆発するぞ」は連続した戦いに優れるので積極的に攻撃を仕掛けるなら◎


Vivian

立ち回り100%のチャンピオン

攻撃を当てるのが簡単というメリットと逃げ足を持たないというデメリットを持ちます

混沌の中の狂気

ライトマシンガンを2秒間打ち続けるとそれ以降10%威力が増加する

現在のVivianは敵チームの構成を見てから有効なマップで選ぶ必要があります。

理由としてはTerminus、攻撃を吸収し不利になってしまう相手に対して相性が悪いです

逆に味方にTerminusがいるならとても強いです。

Makoaの「ハーフシェル」が敵にいる場合は意識してシールドを破壊しないでください

Makoaにはアンカーフックをシールドで無効化出来ますし相手にすること自体は得意です

タレントと相性の良いカード「歯止めの利かない野望」を中心に作ります

身代わりを入れることでリフレクトシールドを有効に使うことができます。

実はタレント「ブービートラップ」を使う人が多いVivianですがセンサードローンが犠牲に

なってしまうので私はもったいないなと感じています。

わびしい目つき鞭打ちの効果で敵はセンサードローンの存在を無視できなくなります。

うかつにセンサードローンの範囲内に入ってしまえばVivianはライフスティールを得て

撃ち合いな有利に運ぶことが出来、センサードローンが設置されたルートを通る場合には

敵は立ち止まらないorセンサードローンを破壊するor引くの選択肢を迫られます。


ダメージ・グループ2

遠距離でも威力を持たない武器を持つダメージ

Cassie

インパルス

ブラストショットの威力が150増加しCDが2秒短縮


ビッグゲーム

ディスエンゲージを当てた相手にクロスボウの攻撃が最大HPの8%を追加ダメージを得る

効果はディスエンゲージを当ててから4秒間


使い分けはシンプルでシールドを持たないフロントラインが多ければビッグゲームを選ぶ

HP回復」「ブラストシャワー

インパルス用のカードです

テリトリアル」はビッグゲームで使用します。

共通として「宙返り」と「サマーソルト」を入れて置くと良いでしょう


2021/2のアップデートで一発必中が弱体化されました

胴体打ちの威力が上がる貴重なタレントなのでまだまだ無難だと思います

Kinessa

一発必中

フルチャージショットが当たった場合に次のフルチャージの威力が20%増加する

効果は4秒間続く

弱体化が迫っているがKinessa使いのほとんどがこのタレントに落ち着いている

猶予が長くHSでの威力が高いのでフランクを一撃で沈める可能性を持っているのが大きい

基本的にはスコープを覗いた状態の移動速度を上げスナイパーON/OFFの切り替え速度上げ

テレポート前にやられないことが重要なので転送開始を入れ、低レベルのリストアと合わす

Kinessaの弱点は24発のマガジンをカービン/スナイパーで共有な点です

そこで一つカードを足すなら弾薬を得られるカードがあるとましになります。


Tiberius

タイグロンの憤怒

直撃ダメージが250に低下する代わりに刺さったベビーブレードが爆発し最大850ダメージ

ヘビーブレードを手元に戻す動作を行うと戻らずにその場で爆発する

投げて戻すの動作は意外と時間が係り手元に戻す際に当てるのも難しい為

当てる→背後or足元にベビーブレードが刺さる→爆発ダメージの流れでダメージを入れる

ヘビーブレードの強みはシールド貫通を持つ点で瀕死の状態でシールドを張ったBarikの

トドメに非常に有効になります。

他タレントは元々のコントロールの難しさから選ばれないという結果になっているように

感じます。

力の試練」日本語では回復量がわかりませんが毎秒50回復を得るカードです

コンバットトランス状態が非常に強いチャンピオンなので効果中に成果が出せるかがカギ

その長所を生かしたカードを中心にロードアウトを組み立てるのが良いでしょう

現在はStrix弱体化の関係でスナイパーマップでも人気のダメージチャンピオンです


Sha Lin

沈黙の砂漠

クリッピングアローの効果がサイレンスに変わる

クリッピングアローからサイレンス状態で回避・防衛スキルが使えない状態の敵を一気に

速射でキルにまで持っていける非常に強力なタレントです

サンドトラップ

クリッピングアローが爆発し範囲攻撃になり最大300ダメージを与えます

クリッピングアローのクリッピング効果が1秒短くなります

クリッピングアロー直撃+ロングボウフルチャージ1発でフロントライン以外のほとんど

チャンピオンをわずか2発で倒せるこちらも優秀なタレントでTiberiusと共に人気のダメージ

各スキルのCDを短縮するカードがおすすめで特に「流砂」が優秀です

緊急回避用に「きらめき」や弓を引いた状態の移動速度低下を抑える「冷静」と合わせた

ロードアウトがなかなか使いやすいです。


Strix

不正使用

フレア直撃による威力が500に上がりCDが5秒に短縮され、まっすぐ飛ばしやすくなります

持続ダメージは2秒間で250ダメージ

タロンライフル→武器切り替え→フレア直撃→ピストルのコンボが強力になります

その代わりフレアの索敵能力を失ってしまいますが自衛能力が高まり結果としていい方向に

ただこのコンボを毎回成功させるのはとても難しいのでよく練習したほうがいいでしょう

夜行性

ステルス発動時の消費レートを50%減らすことができます

透明化状態を長く維持できる事で不意打ちのチャンスや避難に利用できます。

アイテムを買われてしまうと無駄になってしまいそうですが離れている相手に対しては有効

その為ステルス状態から1200以下の油断した相手にとどめを刺すのに便利です。

弱体化を受けタロンライフルの連射速度が落ちてしまいましたが依然として一撃は重いので

ピンポイントで味方と攻撃を合わせれば今でも驚異的なチャンピオンです

クールマガジン」と「注入クリスタル」は低レベルでも役に立つカードです

現在はタロンライフルからすぐにピストルを抜くのが重要なので「機敏」も欲しいですね

ほかにも「木隠れ」でULTを早く貯めて自衛に使うなど割とカードの選択肢は豊富です


ダメージ・グループ3

ブラストダメージを中心とした爆破系の範囲攻撃を持つダメージ

Imaniは直接攻撃が多いがタレントやスキルによって範囲攻撃も持つ

Bomb King

王の臣下

ステッキーボムの爆破範囲を20%広げる

最近は別のタレントも有効な場合が多く王の臣下以外も選択肢に入ります。

間近に迫っている新チャンピオンに対しては連鎖反応が有効だったりします

ただ王の臣下は爆破範囲を広げる事によってダメージを与えやすくなるので慣れるために

向いていると思います。(直撃以外の起爆の距離とタイミングをつかむ為)

王の裁判所」起爆によって回復する効果で長い間愛用されているカード

国王令」もなかなかいいカードです。

ノックバックで場外を狙える場合には「振動」が驚異的な威力を発揮するので組み込まれた

ロードアウトも用意しておくといいでしょう。


Dredge

スカットル

リロード時に発射される榴弾が20ユニットの爆破範囲を持つようになります

リロード時の攻撃を当てやすくなります

前提としてリロード速度を上げるアイテム「器用な手」が必要になります

投擲

ハープーンのスロウ効果を失い代わりにCDが無くなります

主に素早い敵や空を飛ぶ敵に対して強くなるタレントです

ハープーンは威力が高いので連続して充てることが出来ればDrogozも怖くありません

死の串刺し」「呪われた武器」は投擲と相性がいいです

スカットルの場合は「強風転落」を入れてハープーンが当たり動きが遅くなった相手に

攻撃やULTを与えることでキルに繋がりやすくなります

真ん中の3つのカードはタレント問わず相性がよく「広大な金庫室」はLv1で十分強いです

ショートカット使用後1秒間ジャンプが高くなり移動や緊急回避に役立ちます


2021/2のアップデートでカード「火の雨」が10→15%に強化されました

Drogoz

一斉射撃

ロケットランチャー直撃時に威力が25%増加する

直撃のみではありますがとても強力な一撃になりフランクのほとんどが2発で落ちます

可燃

スプットファイアはノックバックを与え2秒間で300ダメージを与えます

敵がまとまりやすいマップで複数人に大きなダメージを期待できます

直撃が得意なら一斉射撃を選ぶのがよさそうです

Drogoz自体がアンチチャンピオンが多いせいであまり見かけませんがラストピックなどで

アンチチャンピオンがいない場合に利いてきますが最近ではアンチフロントラインも多く

Drogozを選ぶメリットが年々減っているように思います

個人的に得意のチャンピオンでしたが近年は選ぶ機会が減って残念です

火の雨」のおかげでスラスト後しばらくの間空を自由に飛び回れます

燃料タンク」と合わせることでタレント「W.Y.R.M.ジェット」に近い性能を得ます

熟練技」は可燃を選んでいる場合に入れると連続して使えて便利です


Imani

分裂の氷

フロストボルトが当たった敵から30ユニット以内の敵に反射し350ダメージ与えます

現状のImaniは地獄のキャノンの火力を生かしてキルまでもっていくことが必須です

無難にフロストファイアグライド周りを強化

カード「ルーン冷却」を足してフロストボルトを当てる度に地獄のキャノンのCDを下げます

強いチャンピオンですが地獄のキャノンがしっかり当たるように近づく必要があるので

きっちり詰めるタイミングを読めないとやられてしまうので要練習です

ULTのドラゴンを有効に生かせれば簡単にキャプチャーポイントの制圧やペイロードを

押し切る重要な場面での活躍が期待できます。


2021/2のアップデートでタレント「ナイトシェイド」の威力が500→650ダメージに

ないとシェイドを活用するのも無難と言えるでしょう

カード「スパークル」効果時間が0.5→0.6秒に増加
「ピクシー・ダスト」回復量が65→75に増加しています。

Willo

ブラストフラワー

攻撃が当たる度に80ダメージ上がり3回まで増加し最大240ダメージ増加

効果時間は3秒で続けて当てる限りリセットされません

信じて!」「活発」が特に優秀なカードです

Willoの強さであるデッドゾーンを強化するカードもお勧めですがブラストフラワーでは

そこまで重要ではありません。

他2つのタレントも特別悪いわけではなくロードアウトをじっくり練りましょう。

ピクシー・ダストはデッドゾーン内で有利に戦えるので面白いカードです


フランク・グループ1

優先して選ばれるフランク

Androxus

呪いのリボルバー

フルオートになり連射速度0.5秒になってしまう代わりに正確なショットが可能になる

威力も600に増加し威力減衰が緩やかになる効果も併せ持つ

正確なショットが可能で頭をしっかり狙えるならわずかな時間で敵をキル出来る

ゴッドスレイヤー

リバーサルは800ダメージを追加で跳ね返す

攻撃を受けていない状態でも800ダメージを放つ

道幅が狭い場合に有効なタレントです(代表的なのはストーンキープ)

早撃ち」「アビスの力」この2枚と「イルーシブ」or「ワープ通過」はほぼ必須

これらに加えて弾薬を補充する物とCD短縮が測れるカードを組み合わせるのが主流です

Androxusは実力がはっきりと結果に出るチャンピオンで個人差がとても大きいです

よって、誰かが使ってるから入れるというよりもカードを入れ替えて使いやすさを重視する


Evie

ワームホール

ブリンク使用後4秒間再度発動することで使用した場所に戻れます

敵を翻弄するチャンピオンでワープ先が読まれないように戦うチャンピオン

ワームホールを使用することでトリックが増えるので駆け引きの手段に使えます

ただし読まれてしまうと簡単にやられるのでやはり上級者向け。

他タレントも使いこなせるなら強いのですがブリンクで戻れない分、未熟なEvieは餌食です

移動スキルのブリンクと飛翔関連のカードを入れるのが良いでしょう

敏達な魔女」で飛翔の速度をあげ追撃/逃げ性能を上げるのが重要です

テレポート」で敵の背後に移動出来る距離を伸ばせます

Evieでランクマッチで活躍出来るようならマスターに近い存在です


Maeve

不法侵入

プロウル使用後5秒間ダガーの威力が30%増加する(ダガー4本分)

性能でいうとかなり強いです。

ただ問題は長距離で当てるのが難しいこと、近づくとやられやすいことです。

慣れれば遠距離でも高いダメージを出すことが出来てダメージよりも追撃性能が高く

先に大打撃を与えてから一気に詰める戦術が取れるのが強みです。

略奪」はタレントを活かすのに重要なカードです

プロウル中の被ダメージを抑える「超軽量」は追撃の時にHPを高い状態で攻めるのに

役に立つでしょう。「執念」は仕事終わりに安全に帰る手助けをしてくれます


Vora

無慈悲な存在

テンドリルのチャージが2つになる

テンドリルによる素早い移動を生かした強襲が持ち味です

1月からランクマッチで使用可能になり日も浅くまだまだ研究中のチャンピオン

移動速度UPを中心にロードアウトを組み上げて闇のスタックによる回復をしっかり

伸ばしてあげる形が安定している感じです。

対戦相手がまだVoraに適応出来ていない事で今は勝てているんじゃないかなという印象

Voraというチャンピオンは継続ダメージでキルに繋がることが多いのでダメージ計算が

旨く出来ず引くタイミングを逃してキルされる事がほとんどです。

今の所有効だと思うのがストーンキープでの城壁にテンドリルを使用した背後を取る

強襲が刺さっています。間違いなくマップを選ぶチャンピオン


Zhin

ギロチン

ULTが敵のHP125%のダメージを与えるようになります

大幅に殺傷能力が上がり回復や直前の無敵時間さえ入らなければ高い確率で一人をキルします

(挙げた無敵時間というのはKhanのバトルシャウト)

弱体化を何度も受けますがそもそもスキルが優秀で無敵移動と移動にカウンターを持ちます

タレントギロチンも他チャンピオンと比べて圧倒的に優秀なので納得の強さです

とは言えや弱体化を受けているのでスキル大波の移動速度「雲散霧消」Lv5で上げます

すると弱体化前よりも速くなり安全に引くことが出来てしまいます

扇動」はULT成功後やキルにつながった後に大波を発動させるためにLv4で入れます

Lv4で入れる理由ですが大波事態に攻撃能力はないので使用後でも必ず攻撃をするため

そもそも100%短縮する必要がないからです。

僅かにCDが間に合わない場合もあるのでその時は諦めましょう


フランク・グループ2

使い慣れている(得意な)人が選ぶフランク

Buck

増大

リカバリー使用時に5秒間最大HPを300増加し即座に400回復します

遠距離で最もダメージが出ないチャンピオンBUCK、至近距離ではとても強いのですが

飛び込むタイミングが難しくマウントの扱いが極めて重要なので使い込んでから

ランクマッチで使用しないと悲惨な目になるかもしれません

タレント自体はどれも面白く大差はないのですが増大はやられにくいので選びました

推進力」と「深呼吸」はタレントによって組み替えて増大の場合は「深呼吸

これに「ストッピング」だいたいLv3と「脚トレーニング」慣れるまでLv4~5で調整

慣れてきたら脚トレーニングはマップによって低レベルで採用する感じになります

ネットショット関連のカードも面白いのでロードアウト選びではチャンピオンの中でも

戦い方によって大きく変えられるのでその点はとても面白いです


Koga

足さえ止めてしまえばBruhと嘆き散っていきます

忍者なのに目立ってしまうのでしっかりマウントで近付いてフィニッシュに持ち込むなら

従来通りのアドレナリンジャンキーで問題ないです

ただし弱体化されて別のチャンピオンを使えばいい話なので使いたいという熱意以外に

選ぶ理由が正直ありません。

鮮血の死神」迫っているチャンピオン調整で強化が決まっているタレントなので

推しておきます

Zhinのギロチンを見ても最大HP100%以上のダメージを与えらえるのはかなり魅力です

3つのタレント全てで使えるカードはこの3枚

マシンガンと爪を使った戦い方をするなら「早業」で切り替え速度をあげるのがおすすめ


2021/2のアップデートで全てのタレントでマグナムはフルオートで射撃が可能に!

左クリック押しっぱなしで射撃可能なので反動を制御しやすくなり

別のタレントでも扱いやすくなりました

しかし一発の大きい死の加速が個人的には無難かと思います

Lex

死の加速

威力が680ダメージに上がりその代わり攻撃速度が0.75に落ちフルオートになる

射撃が毎回正確に飛び装填数が6発に減る

一見デメリットが目立つように感じるかもしれないが中距離以降でも割とダメージが出る

特に射程距離内でのHSが強力でダメージ計算を誤った敵が撃ち合いでLexに敗れるのも

珍しくありません。

他タレントも悪くないのですが報復でターゲットに選ばれた敵の頭を狙うのは特別

難しいことではないのでサポートやダメージなどを意図的に可視化しHSからの攻撃で

短時間に倒すチャンスがあるのが魅力です。

他タレントで連射すると散らばってしまうので気になるならおすすめ

さきほど言ったように別のタレントも優秀なので好みだと思います

輩に休息はなし」「ワラントアウト」この2枚は別タレントでも役立ちます

狩られる者」はターゲットとの一騎打ちに特化しているのでほしいです。

再装備」は死の加速で使用するならLv1で十分威力を発揮します


Moji

プップー

猛ダッシュを使用すると3秒間霧が発生し触れた味方に3秒かけて600回復を与える

リカバリーや連戦に役に立つタレントです

共生」「大儀」で1対1に強くした上でエリミネーションに繋ぎ「元気いっぱい」です

長い間定番のカードたちです


Skye

衰弱

ポイズンボルトの効果が最大HPの25%のダメージとなり2秒間で与えるようになる

フロントラインに絶大な効果があるタレントです

ある時からアイテム「発光」さえ購入されなければかなりバレ辛くなったのである程度

隠密行動が出来るようになりました

しかし依然として移動能力の低さが仇となり押し切る戦い方が強いPaladinsでは後手に

回ってしまう事でカウンターを読まれると苦しいのは変わりません

押すにはスピードが無いし居場所がバレれば狙われます

厄介なのが火力は出るので戦績を見ると貢献しているように見えてしまう点です

有効打を出せず試合が長引いているだけのことがほとんどだったりします


煙とダガー

煙幕のカードが味方にも適応されるようになる

煙幕内に入ると毎秒150回復を得る

補助回復として機能し集団戦での戦いをサポートすることが出来るようになる

ただしこのタレントを使う場合には積極的に仕掛けて短期決戦に持ち込むのが必須

試合が長期化した場合にアイテム「焼灼」の効果で徐々に回復が役に立たなくなります

混乱」「癒しの蒸気」煙幕の回転率と回復量を増やします

移動速度増加や弾薬回復などのカードもありますがランク始めたてのマッチでそこまで

味方が見て合わせられるかはかなり疑問です。

毒殺者」と「Lv1~2緊急脱出」はタレントを選ばず入れておくと役に立ちます

煙幕を投げる位置やどの方角から攻撃を入れるかなど貢献するには工夫が必要です


Talus

内なる力

トラベルルーンで元の場所に戻る際にオーバーチャージと電撃アッパーのCDをリセットします

トラベルルーン→敵を見つけてオーバーチャージアッパー→ルーンに戻り追撃のコンボ

刻んだ攻撃で倒しきれなかった相手への追撃が可能です。

チャンピオン自体が遠距離ではあまり火力が出せないので近づく必要があります

索敵にも優れているので連携が取れる場合には優秀なチャンピオンです

ULTでの味方の倒しきれなかった相手へのトドメも試合を決める決定打になりえます

ただ必ずしも全員が毎回連携をとれるとは限らないのが辛い所です

チャンピオンの性能を活かしきれないので他のチャンピオンでいいかなとなってしまいます

オーバーチャージがとても強いので射程距離内でしっかり仕留め切れるならありです

エバネセント」があればルーンの効果中素早く移動が可能です

原始の力」は単純に撃ち合い中を有利に進めるのに効果的です

この二枚を軸にロードアウトを組むのが良さそうです


うっかり

10日足らずで大きな調整が入るのですがタイミングを計らずに書き始めました

調整が入ったらまた少し直しつつ新チャンピオンのyagorathも混ぜたいと思います

チャンピオンの数が多すぎて1体ずついきなり見るのは大変だという人向けに

ざっくり全体が見渡せるページを作った感じです

Paladins攻略のトップページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました