不要なフレームレート(FPS)を抑えてパソコンの負担を軽減する

紹介

フレームレートやリフレッシュレートなど細かい説明は飛ばしています

高いフレームレートが必要ないゲームでFPSを抑える方法です

特にゲーム内で垂直同期の設定がない場合に効果的です

高いFPSを出す為の設定などは色々紹介されるのですが抑える方法があまりないので

できるだけ簡単で1つの設定のみでコントロールする方法を書いています

高性能GPUを搭載したPCを使っている人向けの情報

こんな人には役立つ情報だと思います


普段は高フレームレート(FPS)が必要とされるゲームをプレイしている

昔のゲームやGPU性能を必要としないゲームもプレイする

軽いゲームなのにFPSが出すぎてしまいPCのファンの音が気になる

上記の項目に心当たりがあれば紹介する方法でFPSを抑えてPCの負担を下げましょう

カードゲームやボードゲームで100FPS以上ははっきり不要なフレームレートです

垂直同期(V-Sync)の設定で抑える

多くのゲームは設定に垂直同期・V-Syncという設定が存在します

ゲームの設定にこの項目がある場合はONすることで結果として負担を抑えられます

この設定がない場合使用しているGPUのツールを使って制限をかけます

又ゲームによってはフレームレート上限の値を指定できるものも存在します

任意の値に下げてプレイしましょう(マルチ対戦ゲームはOFF推奨が多い)

ゲーム設定の垂直同期よりも下げたい場合は次の項目も参考にしてみてください

垂直同期の設定ができないゲームは最大フレームレートを指定する

NvidiaのGPUを使用している人向けのお話になってしまいます

ゲームを一度止めてから設定してください

もしAMDのGPUを使っている場合は今回の説明に似た設定を探してみてください。

それではNVIDIAのコントロールパネルを開きましょう

デスクトップ上で右クリックから選択するかスタートアップから開いてください

3D設定の管理グローバル設定→スクロールして、最大フレームレート

数字をいじり任意のFPSを指定する事でFPSを抑えることが出来ます

この機能を使う事で仮にゲームの中にFPS上限を指定してすることが出来なくても

調整が可能になります

FPS上限が指定されてしまうので設定したことを忘れないように気を付けましょう

私の場合はFPSやアクション性の高いゲーム以外は30もしくは60FPSで制限します

主に放置ゲームやグラフィック性能を必要としないゲームのプレイ中に使います

別々の2~3個のゲームを起動する事も多いのです

↓常に変動するのでそこは注意です(或いはFPS制限できないゲーム)

FPSが表示されていないのはフルスクリーンでできないゲームで検証しているからです

画像はNvidia Experienceの機能
メジャーなプラットフォームなら表示法があるのでチェックしてみてください

Steamの場合:Steam→設定→ゲーム中→ゲーム中のフレームレートを表示

最大フレームレートの項目がない場合

垂直同期の機能を利用してFPS上限を少しでも下げましょう

この項目ではお使いのPCモニターも関係するので説明と異なる場合があります

100hz以上のモニターは設定を弄ってHzを下げましょう

この項目はFPSゲームなんかで60FPS以上を出す場合なんかで関係あります
(FPSゲームなどをプレイする場合はこの項目を最大値に設定します)

先ほどの画像最大フレームの上にある項目「垂直同期」をONにしましょう

お使いのPCが60hzまでのものであればこれで完了です

もし60hz~240hz(それ以上)を使っている場合は次に進みましょう

デスクトップ画面を右クリックディスプレイ設定

ディスプレイの詳細設定をクリックすることでこの画面が開きます

下のほうにあるリフレッシュレートの項目から選択したいHzを選びましょう

Nvidiaの垂直同期の設定がONになっている場合は出るFPSの上限になります

使う基準

・軽いゲームのはずなのに明らかにそのゲームが原因でファンの回転が速くなる

・FPSの表示されている値が200FPSを超えるなど無駄に感じる

ゲームに垂直同期の設定が無く抑えることが出来ない

FPSをNvidia Experienceを利用して確認する

Nvidia Experienceを起動

ゲーム内のオーバーレイ設定を選択HUBレイアウト

パフォーマンスの項目からFPSを選び任意の位置にFPSを表示させましょう

ベーシックやアドバンスを選べばFPS以外の細かい情報が見られます
(CPU使用率・GPU使用率・GPU温度/電力/電圧など)

以上の設定から比較し設定が必要か判断ができると思います

高性能なGPUは高い

高性能なGPUはPCパーツの中でも高価なパーツです

グラフィックの高いゲームや競技性の高いゲームの為に使用することが多いと思いますが

たまには画質ではなくアイディアが素晴らしかったりストーリー重視のインディゲーム

過去に出た名作なんかをプレイすることもあると思います

PC負荷が掛かりすぎないような設定が用意されている事が多いですが全てではないので

その場合は今回紹介した方法で自分のPCの負担を下げてあげましょう

もっと効率を上げる設定はありますが私も普段はFPSゲームを好んでプレイするので

基本的に最大フレームレートをON(指定)するだけの簡単な方法を紹介しました

この設定ではFPSを制限できないゲームも存在します

タイトルとURLをコピーしました