スポンサーリンク

Paladins:フリア(Furia)のロードアウト

Paladins

Furia

Furiaのロードアウトを二つ紹介したいと思いますが

その前にFuriaの特徴をおさらいしましょう。

長所

ゲージを溜める事で高いファイアレートを誇る武器を扱う

スタンを与える事の出来るPyre Strikeはタレントによって回復にも使える優れもの

Kndle Soulは回転率の良い回復スキルで1000回復した上に2秒間で400回復

1400回復も与える事が出来るのです。


短所

はっきりとした短所はなくダメージと回復そのどちらも優秀であると言えます。

タレント:Solar Blessing使用時に回復を受ける側がPyre Strikeに

反応してくれない場合、タレントの良さを生かせない。


特に指摘する部分の無いFuriaですが間近に迫っているアップデートでは

タレントCherishの弱体が決まっている

元々Cherishの良さは回復範囲を伸ばす効果が重要であり

回復ボーナスが25%⇒15%に減る事は特に問題はないと見ています。

元々他のサポートよりも高い回復性能なので少し大人しくなる程度。

むしろSolar Blessing好きには選びやすくなるのでうれしい位です。

ロードアウト:Cherish

まずは人気のCherish

使用するタレント

せっかく回復ボーナスが乗るんですから味方が受けるダメージも同時に

減らしてあげましょう。

このタレントをさらに伸ばすにはヘルスシールドを与えるカードがおすすめ

Light Forge1

Kindle Soulが成功するとPyre Strikeが5秒間短縮される

効果が再利用可能まで20秒


Light of Dawn 5

Kindle Soulにヘルスシールドが2秒間250付与される

Burning Oath 4

Kindle Soulを使用と3秒かけてFuria自身が420回復を得る

Incandescent Being 4

最大HPを200増加

Pyretic Dynamo 1

最大装填数を2発増加


ロードアウトの解説

カードLight of Dawnの存在が重要で回復と同時に250のヘルスシールドを与える

そうする事で回復量+250となり、本来倒されていた味方を守る可能性が生まれる。

サポートの主な仕事は味方を死なせない事なのでこのカードはとても優秀です。

Kindle Soulを利用して効果の付くカードを多めに入れていますが

回転率の高いアビリティーなのでばんばん効果を発揮してくれます。


Light Forgeですがカードレベルを上げると効果再利用の時間が

短縮されるだけなのでLv1でもLv5でもPyre StrikeのCDは5秒短縮されます。

Pyre Strikeは不意打ちに対しての反撃のきっかけとなる

スタン効果を持って居るので至近距離の相手には集中して当てていきましょう。

最大HPを増やす事で近距離での戦いで高い抵抗力を発揮します。

元々近距離はダメージが出やすくゲージが溜まった状態や

Ult使用後のFuriaは火力が出ます、返り討ちにしてやりましょう。

最大装填数を増やしたのも火力アップの為です。

ロードアウト:Solar Blessing

壁越し回復

使用するタレント

1月のアップデートでスピードが遅くなりキャッチしやすくなった

このタレントを活かすにはPyre Strikeの半径を広げ

更にスキルの回転率を上げるのがおすすめです。

Solar Flare 4

Pyre Strikeの半径を40%拡大します。

Light Forge 5

Kindle Soulに成功するとPyre Strikeが5秒短縮される

効果が再利用可能まで8秒


Burning Oath 3

Kindle Soulを使用するとFuria自身が3秒かけて315回復を得る

Light of Dawn 1

Kindle Soulにヘルスシールドが2秒間50付与される

Stoke The Fire2

Wings of Wrath1発当たる毎にPyre Strikeが1.6秒短縮される


ロードアウトの解説

このタレントを利用するには入り組んだマップがおすすめ、味方フランクに射線

が通り辛かったりキャプチャーポイントと脇道が室内だったり。

Pyre Strikeの半径を拡大する事で味方がキャッチしやすくしてあげます。

基本的にはこのタレントを活かす為に味方も回復する努力が必要です。

Pyre Strikeの音を聞きFuria側を向きしっかりとPyre Strikeに当たる

場合によっては壁裏にいる味方フランクなどに対しても利用してあげましょう。

味方フロントラインはTerminusと相性がいいです。

後半になっても敵を1方向にとらえてさえ居れば回復阻害を完全に断ち

Pyre Strikeによってしっかりと回復する事が出来るからです。

攻撃を防ぎきれないフロントラインに対してはKindle Soulも加えて回復して

上げましょう。

欠点

味方の回復のためにPyre Strikeを使うのでどうしても自衛力が低下します。

更にHP増加などもないので味方に協力して守ってもらいましょう。

最後倒される前にはしっかり味方フロントラインにめがけてPyre Strikeを送り

息絶えましょう。


まとめ

攻守共に強すぎるサポートFuriaのロードアウトを紹介しました。

今のPaladinsはサポートの攻撃面でも期待されています。

ダメージ面で貢献できないサポートも状態異常を与える事でキルに貢献して

います。

Furiaの長所は回復と攻撃の切り替えが素早く、それでいて扱いやすい点です

しぶしぶサポートをやらない場合やサポートでも火力が出したい人には

Furiaをお勧めします。


コメント

  1. 彗星虫 より:

    フリアのロードアウトありがとうございます!
    このキャラを使っていて、太陽の祝福を上手く活かせない(味方に当てたのにパイヤからすぐ出ていく、そもそも当たらない‥)のですが、パイヤの送る位置とか、何か考えてたりしますか?

    HPの減ってるタンクがこの通路にはいるかな?とか、いっそのこと至近距離で当てるとかしてるのですが、あまり上手くいきません。

    何か気を付けていることがあれば教えてほしいです。

  2. rnLItrnLIt より:

    コメントありがとうございます。

    カジュアルのソロプレイとして答えます。

    キャプチャーポイントのフロントラインに対しては軸を決めてそこを中心に左右に

    ステップを踏むプレイヤーがほとんどだと思うので味方フロントラインの行動

    パターンを見て左右に移動する中間に飛ばすようにしています。

    又、最初のラウンドにHPが減って居ない状態でPyre Strikeを当てる事で

    タレントにしっかり気付かせるのも効果的です。

    HPがフルに近い状態なら回避行動が少なくポイント上での戦いなら比較的

    移動が少なく当てやすい為です。

    Pyre Strikeから出てしまうプレイヤーはおそらくタレントを理解していないか

    自分の行動で夢中になり気付いて無いかのどちらかです。

    Pyre Strikeを回復で利用する為には味方の知識と意識も重要なので

    モヤモヤするのはよく分かります。

    距離が離れていれば音を聞いていられる時間は長くなるのでしっかり聞けている

    (タレントを理解し回復してもらう意思があれば)Pyre Strikeの軌道に乗るはずです。

    壁越しや障害物越しのPyre Strikeはキャッチ側も見えないので出来るだけ

    曲がり角/障害物裏(自軍側で利用される遮蔽物)を狙いますが

    当たれば良いな位の感覚です。

    味方のロードアウトに合わせてしっかりと連携しようと考えるプレイヤーは

    あまり居ないのが現状だと思います。

  3. 彗星虫 より:

    回答ありがとうございます。
    いつもゲーム開始前のアイテムを買える時間に、フロントないし回復を受けてほしいキャラにパイヤを当てたりして、
    気付いてもらえるようには意識していたんですがあんまりで。

    パイヤの音を聴いてもらう為に遠めから撃つ、とは今まで意識してなかったので、
    少し離れ気味で落ち着いて撃ってみようと思います。

    ラジオチャット?で「回復飛ばすよ!」とかあればいいのになと思ったPS4勢でした。

  4. rnLItrnLIt より:

    コメントありがとうございます。

    どれだけ工夫したり相手に合わせようとしても気付いてもらえなかったり

    思い通りにならない事はよくあります。

    集中していて「引き返せ」の合図に気付かない人も居ますがいますが

    少なくとも連携を取ろうとしている意思表示になるので「スキルを使う」など

    「ULT準備」以外で攻撃のきっかけになるラジオチャットは欲しいですね。

    性能が良いだけにギリギリ当たらず、横をすり抜けた時は悲しくなります。

    今後とも宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました