Paladins : Kinessa

Paladins-Champions-Data

Kinessaの簡単な解説

Kinessa

HP:2100
Role:Damage


特徴


Paladinsのスナイパーの一人でチャージして打つかカービンとして使う事が出来る。

その他にもトランスポーターと継続ダメージを与える地雷を持つ。

Strixよりもタレントによってチャージショットの威力が高くなるのでHSを正確に狙って

行けるならば倒せるチャンピオンの数が増える。


二人のスナイパーどう使い分ける?

テレポートとカービンで抵抗は出来るが近距離よりも遠距離での戦いの方が得意

それはフルチャージで無ければしっかり高い威力が出せない事と関係します。

Strixのタロンライフルは常に1200ダメージを出すことが可能なので普段から動き回り

撃つ時だけスコープを覗くのに対してKinessaはスナイパーモードでチャージする必要が

あるため、スコープを除いている時間がStrixよりも長くなってしまいます。

両チャンピオンが不意打ちを許し背後からの攻撃を先に受けてしまった場合Strixの方が

高威力を先に当てられる可能性は高いです(敵の位置を視認しスコープを覗く)

この違いがどちらのスナイパーを選ぶかの基準になると思います。

Kinessaはそのままカービンで戦うよりもフルHPの相手と戦うならばトランスポーターを

使用し一度しっかりと距離をとってから反撃に出ましょう。

Strixはサイドアームを持ち不意打ち時にタロンライフルの弾切れ状態でもある程度

抵抗ができますがKinessaはスナイパーライフルとカービンは同じマガジンなので

タイミングによっては十分に反撃する事が難しいです。


Kinessaのアビリティー

直接攻撃

スナイパーライフル(Sniper Rifle)


カービン威力:180ダメージ(HS時270)
最低威力:72ダメージ(100ユニット以降)
攻撃速度:0.15秒
有効射程距離:60ユニット
最大射程距離:450ユニット
装填数:24発


フルチャージ威力:1200ダメージ(HS時1800)
フルチャージ時間:スナイパーモード発動後1.3秒
有効(最大)射程距離:450ユニット
装填数:24(4発消費)

弾数が3発以下の場合でも1発でも残っていれば撃つ事が可能


ポイント

チャージ威力はスナイパーモードを指します、カービンとして使うよりもほとんど

スナイパーモードを利用しますし比較しやすい方が見やすいと思ったのでまとめます

スコープを覗いた状態ではフルチャージでなくても4発を消費するので注意が必要です。

黄色い>が4つ溜まるとフルチャージとなり1200ダメージが出ますが1つ溜まる毎に

威力が上がります。


直接攻撃

スナイパーモード(Sniper Mode)

スナイパーモードとはスコープを覗き込んだ状態を指します。

説明はスナイパーライフルにまとめてあります。

チャージ時間に応じて威力が増していきます

使用中移動速度が低下します


トランスポーター(Transporter)


指定した範囲100ユニット以内に1.1秒後に瞬間移動を行う。


ポイント

意外とこの1.1が長く基本的にこの準備時間を短くするカードを入れることになります

慣れないうちは焦ってしまいますが瞬間移動をする瞬間に向いていた方角を向くので

瞬間移動が始まる前に敵の位置を確認して移動直後にスナイパーモードに入れるように

準備が出来る様にしておきましょう。

とっさの時にどこに移動するかもシミュレーションを行いしっかりとトランスポーター

が届く距離化も確認する必要があります。


直接攻撃

オプレッサーマイン(Oppressor Mine)

丸い地雷を投げ込み範囲内に入った敵に継続ダメージを与えます。

耐久値:200(ブルドーザーの影響を受ける)
威力:0.2秒毎に25ダメージ
効果範囲:50ユニット
最大投擲距離:約350ユニット

山なりに投げ角度を付ける事で遠く飛ばせます、ジャンプをや高低差を利用して

更に飛ばせるかも知れません。


ポイント

基本的にはKinessaを脇から倒しに来るルートに仕掛けマウントから降ろす目的で

使用し不意打ちを防ぐためのセンサーとして使います。

タレントイーグルアイ/一発必中を使用時にHS後すぐに投げ込む事で障害物裏に逃げ

込んだHP2200体のチャンピオンであれば倒しきるのに役立ちます。


直接攻撃

ヘッドハンター(Headhunter)

効果時間中上半身と頭周辺を囲う枠が出現しその中を撃つ事で威力が50%増加する

更にHSに当てた場合はHSも適応される為ULT中はHS威力が50→100%となる。

効果時間:5秒間
効果時間中チャージ速度が上がります
効果中弾薬を消費しない

ULT時カービン威力:270ダメージ(HS時360)


ポイント

威力が増加するタレントと合わせ最大威力とその比較をこちらのスペースを使って

解説したいと思います。

ULT中タレント別威力比較

リポジション

HS時:2400ダメージ

上半身(枠内):1800ダメージ

一発必中

2760ダメージ

2160ダメージ

イーグルアイ

2700ダメージ

1800ダメージ

一発必中時がULTと相性が良いですがこのタレントはフルチャージを連続して当て続ける

必要があるので難易度とスコープを除く時間が長い事に注意が必要です。

一発必中とイーグルアイを使用している場合のULTはフロントライン以外のほとんどの

チャンピオンを一撃で倒す事が可能です。


Kinessaのタレント

一発必中(Steady AIM)

フルチャージを当てた次のフルショットは威力が30%増加する

2発目以降のフルチャージ威力:1560(HS時2160)
ボーナスダメージ猶予時間:7秒

フルチャージを外さずに7秒以内であればスナイパーモードを中断しても効果は継続


ポイント

猶予時間が7秒もある為、使いやすさと性能どちらも優れている。

HS時もフルチャージ2発目という条件を除けばイーグルアイの威力を上回る。


リポジション(Reposition)

トランスポーター使用後即座に瞬間移動が行えるようになる。

1.1秒の待機時間が消えトランスポーター発動前に倒される可能性が大幅に減ります。


イーグルアイ(Eagle Eye)

HS威力が25%増加しカービンとスナイパーモードどちらにも適応される。

カービンHS時:315ダメージ
スナイパーモードHS時フルチャージ:2100ダメージ


ポイント

一撃必中とは違い一発目のフルチャージからHS時2100ダメージを出すことが可能で

どのタレントよりも頭に当てればHP2100以下の敵を一撃で倒す事が可能

条件はあれど安定性で言うと一撃必中の方が上ですが悪くないタレントです。


Kinessaのカード

奇才

スコープをのぞき込む瞬間にジャンプをする事で空中で移動速度低下のデメリットが

完全に消え移動速度上昇分素早く移動が可能です。

これは空中でのみ使用出来る昔からあるKinessaのテクニックです。

リストア

レベルを上げる事で効果再発動までの時間が短縮されます。


普段使用しているロードアウト

奇才4 (Prodigy)

スナイパーモード時に移動速度が100%上昇する。


オープンシーズン 1(Open Season)

スナイパーモードでフルチャージした攻撃を敵に命中させると1弾薬を得る


クイックスコープ 5 (Quick Scope)

スナイパーモードに切り替わる速度が100%短縮される


リストア1 (Restore)

トランスポーターでのテレポート後、最大HPの25%を回復する

効果は30秒間再発動しない


転送開始 4(Beam Me up)

トランスポーターの移動までの準備時間が40%速くなる


ロードアウト解説

スナイパーモード・トランスポーターを強化する事に徹したロードアウトです。

クイックスコープ5

このカードを入れないとスコープをのぞき込む時間が遅く正直使い物になりません。

Kinessaはしっかりダメージを出すにはチャージする必要がありそのチャージをするには

まずスナイパーモードになる必要がありそのロスタイムを大幅に減らすことが可能です


奇才4

カードの項目で紹介していますがジャンプ中スコープをのぞき込むことでわずかな時間

移動速度があがりその結果移動速度低下のリスクを避ける事が出来ます。

Kinessaがぴょんぴょんしているのはこの為です。

単純にスナイパーモード時の移動速度低下も軽減できるので必須と言えると思います。

オープンシーズン 1


フルチャージのショットを敵に当てる事で1発得る事が出来るのでスナイパーモードで

ショットを打つのに必要なのは4発ではなく1発でもあれば撃つ事が可能なので6発撃てる

ところをフルチャージ1発でも当てた場合に7発撃つ事が可能になります。


リストア 1

トランスポーター使用後に最大HPの25%=525回復を得る事が出来ます。

レベルを上げても効果は変わらず再使用可能までの時間が短縮されるのみなのでLv1で

十分な成果を得られると思います。

転送開始 4

素の状態ではあまりにも遅すぎる為なるべく高いレベルで入れる必要があります。

タレントリポジション選択時にはこのカードは必要ありません。


ロードアウトを組む時

対Kinessaにカード頑固を入れるのも良いですがLv2まで入れる必要がある上に

スナイパーが居るマッチではアイテムHavenを購入するのが基本になるのでその点を

踏まえて取り入れるか考えてみてください。


まとめ

KinessaはHSを出す事で活躍するチャンピオンだと思います。

特にULT中のKinessaは非常に強力なので相手にする場合は完全にKinessaからの射線

を切り顔を絶対に出さない様にしなければなりません。

トランスポーターを使ってStrixではいけない場所に行けたり或いは素早く場所に

移動できる利点があります。

Kinessa達人は手に付けられない程驚異的存在です。

初心者スナイパーへのアドバイス

Kinessa VS Strix

私は使い安さと安定性を優先する場合にStrixが優れていると思います。

ただしどちらのチャンピオンも使い込む事で自分に合ったスナイパーを使うべき

だと考えます。

Kinessaの難しい点はマガジン管理とトランスポーターのポジション取りです

トランスポーターのポジション取りはとても難しく移動先から狙える位置を

理解している必要があり特に不意打ちを受けてのトランスポーター使用した場合に

襲ってきた敵がその後もKinessaの相手をしてくれるのかどうかが重要です。

トランスポーター使用後は足を失うわけですからこの放置された時間にKinessaは

戦線離脱した状態になってしまいます。

この時間を利用し人数差で不利になった味方が次々とやられ残るのはKinessaのみ

これが初心者Kinessaが居るチームで良く起こる現象です。

安全圏から攻撃が出来るわけですから数字は良いですがまったく試合に参加して

いない無駄なダメージになってしまうわけです。


まずはStrixを使おう

スナイパーというのは前提として敵に一番先に狙われるポジションです。

ここで重要なのは討伐に敵に対してしっかりと対応が取れるかどうかです。

最初のポジション取りからスタート地点からあまり動かないプレイは論外として

あまりにも深く自陣に戻る様な逃げたプレイをしていては役割を果たしていると

言えません。

Strixはサイドアームとステルスのおかげである程度抵抗力を持ち最低でも

アイテム発光を購入させることは出来ます。

最初は下手なのは当然なのでとりあえず下がらずに敵バックラインを狙える

位置から襲われた時になるべく自陣に下がりすぎないで戦える様に練習ましょう。

Kinessaでは安全圏にトランスポーターを使用して逃げ癖が付いてしまう



人は危機感を持つと改善策を見つけようと努力する物だと思うのでまずはボコボコ

にされる事に慣れて一つずつ成長します。

敵に近付かれない様にフレアをわき道に撃つ

ステルス状態で敵を待って先制攻撃を当てる

と、スナイパーにおける重要なポイント先に攻撃させない近づかせない

経験から学び対策をいろいろと工夫すると思います。

Strixである程度慣れればKinessaをいざ使う時にある程度スナイパーを使う際の

注意点が付いた状態で始められると思います。

Kinessaは逃げ足を持つのでデスを減らすことは簡単であまり危機感を持たないと

思うのでまずはStrixを使った方がよいのではと考えました。

プレイしたことない人はスナイパーに挑戦してみよう

苦手なチャンピオンをプレイする事で弱点が見えてきます。

上手いプレイヤーが何故使いこなせているのかのポイントも見えてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました