Paladins:Mal’damba

Paladins-Champions-Data

7/30 バランス調整が行われました

Mal’dambaの簡単な解説

Mal’damba

HP:2200

ロール:Support

2種類の回復アビリティーを扱うサポートチャンピオン

離れた味方には射程距離の長い修復の精霊をまっすぐと飛ばし回復する事が出来る。

ひょうたんは範囲回復と敵に対してダメージを与える能力を持つ

特徴

リロード時に袖に引っ込んだ蛇が前方へ飛んで行く

・当てた敵にダメージを与える

・当てた敵を短時間スタン状態にする

この特殊な能力を使いこなせると背後から忍び寄るフランクを撃退するのに役立ち

集団戦に置いても味方のアシストにも大きく貢献できる

ただしスタンでの貢献というのは数字では見えない為、実際に試合で貢献しているか

マッチ終了後の戦績からは見えてこない。

ULTは発動した地点に”恐怖”を与え受けた敵は怯えしばらく自分の意志では動けない


Mal’dambaのアビリティー

直接攻撃

毒吐きコブラ(Spitting Cobra)

右手に構えるコブラが口から毒液を飛ばす

威力:400
攻撃速度:0.55秒
装填数:10発

特殊能力(スネークトス)

リロードが90%になった時にコブラが前方に飛びます。

200ダメージと1秒間のスタンを与えその後3秒間同じ敵に対してスタンは発動しない

ポイント

重力の影響を受けながら飛んで行く、距離が離れていても安定して400ダメージを出す

長距離の相手には当てるのは難しい、スネークトスは攻撃よりもさらに飛ぶのが遅く

中距離ですら当てるのが難しい

その為、活用するにはアイテム「器用な手」を買うのが必須となります。


修復の精霊(Mending Spirits)

照準に正確にまっすぐと飛ぶビームを放つ

毎秒:325回復(0.2秒毎に78.75回復)
効果時間:4秒
CD:3秒
射程距離:不明(かなり長い)

ポイント

しっかりと当てる事が出来ればとても強力なアビリティー

ただし瞬時に回復する訳ではないので窮地の味方を救えない場面も出てきてしまう。

7/30 毎秒の回復量が315⇒325回復へと増加


這いずり(Slither)

蛇のように短い時間透明状態となり前方へ素早い移動を行う

移動距離:54ユニット
CD:8秒

ポイント

透明状態では無敵化するので敵の攻撃に合わせタイミングよく使用する事で回避が可能。

又、デバフなどを使用時に取り除く効果も持つ


範囲攻撃

ひょうたん(Gourd)

味方には回復的にはダメージを与える液体が入ったひょうたんを投げつける

効果範囲:半径25ユニット
CD:10秒
効果時間:4.8秒
回復:0.2秒毎に65回復
威力:0.2秒毎に45ダメージ

ポイント

回復と攻撃の効果を持つのでキャプチャーポイントに投げ込む事で味方フロントラインがとても助かる。

範囲内に味方と一緒に入り自分自身の回復に使うのもとても良い


ドレッドサーペント(Dread Serpent)

再度ボタンを押す事で自分自身で爆発のタイミングを調整可能、まっすぐと飛び障害物にぶつかると勝手に発動する

効果:爆発させた地点に恐怖を与える
効果範囲:爆発地点から40ユニット

恐怖:2秒間恐怖状態となり範囲内の敵は手を上げ外側へ自動で動く

恐怖状態では一切の行動が不能

Mal’dambaのタレント

選ばれし精霊(Spirit’s Chosen)

修復の精霊は即座にターゲットのHPを追加で250回復する。

ポイント

当てた瞬間に250回復を与える為、瞬間的に回復量が上がる

回復をメインに考えるとこちらのタレントを選ぶのが一般的

7/30 即座に回復する量が220⇒250へと増加


熟れたひょうたん(Ripened Gourd)

ひょうたんの攻撃力を失うが回復量が2倍になる。


ウェコノの憤怒(Wekono’s Wrath)

リロード後の蛇を投げるスピードが上がりダメージ量が500増加する

ポイント

蛇の勢いが上がり当てやすくなる上に200→700ダメージになる

Mal’dambaの特徴を更に磨き上げるタレントとなっているが他二つのタレントと比べると回復面が厳しい。


Mal’dambaのロードアウト2種

普段私が使っている二つのロードアウトを紹介します

選ばれし精霊用とウェコノの憤怒用です。


選ばれし精霊用のロードアウト

霊体 2(Incorporeal)

最大HPが100増加

憑依 5(Possession)

修復の精霊で味方を回復しているとき、20%のダメージ軽減を得る

不気味な存在 4(Eerie Presence)

修復の精霊に失敗した場合に2秒間CDを短縮する

敏速な精霊 3(Swift Spirits)

修復の精霊の効果を受けている味方の移動速度が15%上昇

大量のひょうたん 1(Many Gourds)

ひょうたんのCDを0.5秒短縮する


解説

基本的にカード”不気味な存在”を入れます。

どんなにうまいプレイヤーでもミスをしてしまう為、Lv3~4程を用意すると失敗しても

すぐに使用可能となるので安心です。

苦手な方はLv4が安定し自信がある方は自由に下げてください。

敏速な精霊

現在はアイテムの「ニンブル」が安くなっている為あまり使用する事はないかも

しれませんが、以前はTerminusがタンクの場合は高めのレベルで入れて置くのが

基本的な流れでした。

移動速度が上がると主にうまいプレイヤー達がしっかりと使いこなしてくれるので

ランクマッチなどではなるべくこのカードを入れています。

儀式魔法と入れ替えて自身が回復するカードに変えても良いと思います。

憑依

こちらのカードは説明文は味方に対してダメージ軽減効果が付くように書いてあります

実際にはMal’damba自身にダメージ軽減が付きます。

サポートは狙われやすいロールなのでこのカードはとても優秀です。

立ち回り

基本的には味方フロントラインの後方からキャプチャーポイントを取るタンクに対して

回復を入れつつ隙間から届くダメージやフランクチャンピオンの回復支援を行います。

フロントラインの回復が最優先で余裕があれば修復の精霊を飛ばします。

味方もMal’dambaが見える直線へ回復を貰いに行くなどの協力は必要です。

ひょうたん

このロードアウトでは回復カードを一切入れていないので唯一の自分自身を回復する

術となる為、HPが減り始めたら早めに自分に使用するかもしくは味方フロントラインと

同じ範囲内に入同時に回復します。

敵の範囲攻撃に注意は必要ですが味方のフロントラインを壁として利用する為に

超至近距離に行くのも場合によってはありです。

スネークトス

リロード速度が上がっていない状態ではメインとして使うにはあまりにも遅すぎるので

クロノスが完成するかLv2当たりでリロード速度が上がるアイテムの購入を行います。

マッチの終盤では回復以外の時間は一発撃ってはリロードしスネークトスを意図的に

発生させ繰り返しスタンをまき散らす戦い方に代わります。

倒しに来る敵フランクに対しても狙います、間に合わない場合はULTも使うべきです。


おまけ:ウェコノの憤怒用

栄養5

HP50%以下のとき、回復効果が40%上昇する

不気味な存在4

ミスした場合に修復の精霊のCDが2秒短縮する

霊体1

最大HPが50増加

憑依3

修復の精霊で味方を回復しているとき、12%のダメージ軽減を得る

儀式魔法2

祝福の精霊で味方を回復しているとき、毎秒30HP回復させる。


ウェコノの憤怒

参考にはなりませんがスタンを中心とした戦い方をする場合はこんな感じです。

大抵の場合はアイテム「耐性」を買われてしまい一見効果が落ちて無意味に思うかも

しれませんが、相手のクレジットを消費させている訳ですから相手から厄介な相手だと

認識し警戒されていると思っていいでしょう。

沢山買った後は今まで以上に狙われるので覚悟しましょう。

Paladins Mal'damnba

謎の5 Support構成になりそうだったのでMal’dambaを使用した時の動画です。

1 Supportの場合はこのタレントでは回復面が厳しいのであまりお勧めしませんが

Mal’dambaの固有する能力を楽しむにはとても良いタレントです。

回復と攻撃を両方出したい場合には現在はMal’dambaよりも向いているチャンピオンが

居ます、ミスなく回復出来るチャンピオンが今はメタなのでYingやMal’dambaで活躍

するのは使い慣れている達人ばかりで憧れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました