スポンサーリンク

Paladins:Torvald(トルバルド)も頑張ってる

Paladins

トルバルドの軌跡

ナーフにナーフを重ねたTorvald

2020年3月のアップデートでプロテクションの効果が弱体化

ヘルスシールドが1000500へ変更されています。

その点を踏まえてご覧になってください。


プレイ環境はNA PCマウス/キーボードでのお話です

ぐだぐだした話が続きます、結論を急ぐ方はロードアウトの画像まで進んでください。


昔話過去の栄光おじいちゃん

その昔Torvaldは味方の攻撃力を上げOPの称号を得ていた時代があります。

常にBANされランクマッチでは使用できないほどでした。

Protectionに30%ダメージが乗る時代、私の記憶では記録には確か載ってませんが

最初の頃はしっかりとEliminationが稼ぎやすくクレジットもたまりやすい化け物でした。

しかしタイミングは覚えていませんが調整からクレジットが全然稼げません・・・

Protectionを受けたプレイヤーがキルを取ってもEliminationにカウントされなくなりました。

それまで:Protectionを受けた味方が倒した場合にもEliminationはカウントされていた

パッチ後:ProtectionだけではEliminationが受けられずクレジットが稼げなくなる

↑30%ダメージ増加は普通に驚異的なので後にナーフされます。

勘違いかも知れませんが・・・確かそんな感じです

15%バフお爺ちゃん

15%お爺さんは既にもう出がらし状態でした、Jenosがいますからね

しかしBANの傾向というのは暫く続く物で

「爺は大したことがない」と言う情報が全体に伝わるまでは取り合えず

BANをされていました、実際にはクレジットが稼ぎ辛いので相当無残な姿でした。

普通に最初から最後までいるのに惨敗だとDCでも食らったの?状態に

そして今回のトドメ

皆さんもご存じの通り味方に攻撃力増加を与えるタレントは10%まで落ちました

しかし実装されないと分からない物ですね、使いこなすプレイヤーを見ました。


本題:おじいちゃんは戦えます

2タンクでまた輝けるかサンキューグランパ!

私は変わったチャンピオンが好きなので同じようにこう言った特殊な

役割を持ったTorvaldを好きな人はきっといると思います。

御託はいいからロードアウトだけ教えろ!って人は飛ばしてロードアウトへ


まず結果から

Ice Mines 約16分の試合


今も昔も2FLでの構成で生きるチャンピオンです又マップも選びます


実際にこの数字をみるとどうですか?相手が弱いと思いますか?


相手のSha linはZ1(愛称)元プロの現ストリーマーさんと以前はチームメイトでした

さらにAndroxusはSha linと組んでいますしマッチ中の動きも非常に良かったです

Furiaの回復量もさりげなくヤバイ数値を叩き出してるわけですが非常にいい試合でした。

protectionで有効に防ぐ事でこの強いプレイヤー達はダメージが数字に出ていないだけです。

Torvaldはダメージも2番目ですからプレイヤーとして上手いのは間違いないです


ロードアウトと解説


因みにタレントはThanks grandpa:Protectionに500シールド追加

このプレイヤーの特徴はProtectionのカードが全部入ってます

最大HP300増加

以下protection時効果付与一つずつ解説します

味方は4発弾薬を得る

これは装填数が少ないチャンピオンがリロードを挟まず戦い続けられます

私はこの時バリックを使用して居ましたから最前線でほぼリロードせず戦えました。

この構成の場合はTiberiusとBarikが恩恵を得ます

移動速度が2秒間30%増加

移動速度の上昇は普通に回避率や追撃に役立ちますがもう一つ利点があります。

戦いに夢中な時には割と目立つprotectionでも気付かない場合があります。

しかし30%も移動速度が上がると操作感が全く違うので鈍い人でも気付く事が出来ます。


375回復を与える

これが非常に大事です、回復が付く事でEliminationに繋がりやすくなります。

もちろんCauterizeが弱体されたこともあり序盤ではかなり回復としても

命を救えますが、Eliminationでのクレジット獲得(Torvald自身)に繋がるので

Lv1カードでも効果があるはずです。違ったら破綻しますが・・・

使用時にTorvaldが225シールドの耐久値を回復する

とにかく味方にProtectionをかける事で自分自身を守るカードです

数字を見る限りこのカードも確実に活きてる事が分かります

ランクマッチだったらリプレイが見れたんですが動画が残せないのが悔しいです。

立ち回りはグローバーを守るように動いていたように思います。


アイテムはこのような形になります

最初の購入はクロノス俊足でした。

敵のアイテムを見ていただければわかる通りこんだけ打壊を積んでいても最後まで

Torvaldによるprotectionが味方の命を救い続けていました。

MAXクロノスは10分前後には完成させていた気がします

クロノスCD:6秒-1.8秒=4.2秒

アイテムの買い方やロードアウトを見る限りは量Tiberius以外は慣れてますよね

Furiaのビーム回復タレント+Raumもかなりのしぶとさでした。

はっきり言うとRaumでポイントを競り合う立ち回りが割とこの試合を生んでいましたね。

シールド二人分足してもFuriaの回復量超えないから一番やばいのはFuriaかもしれません。


おまけTerminus

Terminus(ターミヌス)はアイテム耐性の弱体化+俊足の強化(コスパが良い)で

非常に生き生きしたフロントラインの一人です、CS機では非常に強いと以前から聞いています

過去の勝率を見る限りでは今も大暴れしてそうですね

魚市場:約19分のマッチ


残念ながらこの試合は負けました

しかし貴重な情報が入手できました。

TiberiusのUltダメージをパワーサイフォンで吸収できます

もちろんTiberiusを向いている必要がありますが、切り抜けや空からの叩きつけ攻撃

どちらの攻撃も吸収できました。

ちなみにタレントはCrushをお勧めします。

耐性は3まで取らなくてはスタンは厄介です

そして耐性を3まで合計1200クレジットかかります。

買っていなければなおさら辛いのでこの様にキルにつながったと考えられます。


フランクの大暴れが非常に目立ちます

厳しい事が多いのは事実ですが中には今まで以上に活躍出来るフロントラインも居ます。

チャンピオンに大きな変更が加わりメタが変わるのもPaladinsの醍醐味なので

皆さんも新しいロードアウトを考えて色々楽しんでみてください。

まだ見ていない方は各ロールページから変化の詳細をチェックしましょう↑


コメント

タイトルとURLをコピーしました