Steam:Gunfire Reborn

Gunfire Reborn

早期アクセス中のFPSゲーム

どんなゲーム?

Steamで発売中

Gunfire RebornはSteamにて早期アクセスが行われているタイトルです

対人戦ではなくPvEでAIを倒しながら進んでいきます。

このゲーム1人~4人までプレイが可能で人数が増えるごとに難易度が上がります

特徴的なのが10レベルまでソロ

10レベルを超えるとオンラインでの協力プレイが可能と成ります。

Rogue-lite類第一人稱射擊遊戲《槍火重生》宣傳視頻

開発元/パブリッシャー:Duoyi (Hong Kong) Interactive Entertainment Limited


難易度は高め

回復手段があまりない

復活は1度のみ可能だがソウルエッセンスを支払う

ヒーローは2体(30レベルで解放)

アビリティーを2つ所有する

現在BOSSは3体で3幕で構成されている(ステージ最後にボス)

様々な部分で運要素が絡み運が悪い時に実力でリカバリーが必要

キャラクターのステータスは冒険の終わりに上げる事が可能(引き継ぐ)

ゲーム中に拾った武器・アセンション・オカルトスクロールは終了後リセット

レベル上げ機能

レベル上げ

ゲーム内に登場するモンスターを退治する事で入手が出来るソウルエッセンス

ゲーム終了時(クリア/ゲームオーバー)に利用する事でプレイヤーのステータスを

上げていきます。

初期値はシールド/HP共に低めでゲームオーバーに直結するこの二つを伸ばすのが

おすすめです。

その他レベルが上がるに連れて攻撃力UPやゴールドドロップ率など様々な項目を

強化する事が可能になります。(チャンピオン解除条件もレベル)


難易度は高め

最初はこのソウルエッセンスは持ち越すことが出来ないので余った端数は無駄に

なってしまうのでソウルエッセンスを持ち越せるようになるまではしっかり考えて

余りが出ない様に賢く使用する必要があります、このステータスは次の冒険にも

引き継がれるのでソウルエッセンスを集めて使って少しずつキャラクターを強くし

プレイヤーはモンスターの癖などを分析・理解し次の冒険では更に先に進む事を

目的にプレイしてきましょう。


現在2体のヒーローが存在する

可愛い猫と犬がヒーローとしてプレイヤーが操作する。

最初は猫の太子のみが使用可能!

猫はとても使いやすく初心者向けだと思われます。

犬は30レベルで解放可能ですが扱うのが難しいです、初期値も違いますしヒーロー

スキル(2つのアビリティー)も異なります。


豊富な武器をランダムで入手

初期武器もそこそこ強い

かまど

使いやすいリボルバーで弾は無限、誰でも最初から所有している武器です

武器を拾ったらそちらを使うのが一般的ですが最初のBOSSぐらいならこれ一本で

クリアが出来るぐらいには強いです。

この初期武器に2つの武器を合わせた計3本まで持ち歩くことが可能


その他の武器

武器を解除するには特定の敵を一定数倒すなどの条件が幾つか存在しそれを満たす

事で種類が増えていきます(34種類)

拾った武器には様々な効果(レア度あり)が付いており属性なんかも付いたりします

更に武器は強化が可能でステージを進むにつれて良い物が落ちやすくなります

この手の仕様が好きな人は武器が落ちる度にとりあえず効果を眺めるだけでも

面白いと感じてしまうはずです。


仕様が圧倒的に好評を生んだ
最初は敵を倒しても武器を拾う事も種類も少ないのですが周回を重ねる事で自然と

武器が解除され敵から稀に落ちるようになり、武器が増えていくシステムです。

このシステムが中毒性を生み出し序盤でのユーザー離れし辛い環境を作り出して

いるのではないかと個人的には思います。

アセンション

各ステージをクリアすると出口に置かれたBOXを開けると3つの中からプレイヤーが

選ぶ事の出来るアセンションが登場します。


アセンション

武器・アビリティー1・アビリティー2に関連し強化する事の出来る項目で

それぞれ6つずつ用意され3段階のレベルが存在します。

箱からはランダムで登場するので運要素が絡みます

武器・オカルトスクロールとは違い最初から全てのアセンションがランダムで登場

内容はヒーローによって異なります

⇑ランダムで3つのアセンションが選ばれその中からプレイヤーは一つを得る

オカルトスクロール

106種類物オカルトスクロールが存在します

武器同様条件を満たす事で拾える種類が増えていきます。

レア度が存在し高いほど冒険が楽になる効果を持ちます


呪われたオカルトスクロール

厄介な存在で冒険の妨げとなるデバフを与える物になります。

主にチャットと言われる箱の外れ枠で入手することになります。

ゴールドやHPをコストとして様々な取引が可能。

対価としてオカルトスクロールやゴールド・HPやシールドの増加などを受けられる


3幕13ステージ

現在3幕存在し全ての幕は1~3と続いている。

1幕5ステージ(BOSS含む)

ボス前には必ず職人とペドラーが居る

幕の間には井戸がありそこでHPを回復する事が可能

難易度が高い為3幕全てをクリアするにはある程度のレベルに達する必要がある様に

感じます。

FPSが得意なプレイヤーはレベルを上げないという選択肢も出来るので低レベルでの

クリアを目指すのも全然ありなのかなと思いました。

難しいとは言え基本的には同じステージを繰り返すだけなので敵のパターンを知り

戦い方を覚えるだけで大分難易度は下がりますし武器やアセンションの選び方など

色々な点で難易度を下げる事が可能です。


ペドラー

アイテムを購入が可能

武器・回復アイテム・弾薬・オカルトスクロールが並ぶ

アイテムは一度しか購入が出来ない

品数価格はステータス/特定のオカルトスクロールで変化する

職人

武器の強化をしてくれる職人

武器の強化は一度に2回まで

武器Lvが高いほどかかるコストが上がる


この二人の商人はゴールドで取引がなされステージ上にもたまに出現する

BOSS前では必ず出現するので戦う前にチェックをしましょう。


隠し部屋(宝庫)

ステージを回っていると壁にこのような亀裂が入っている。

幕毎に色は違うが中に入ると敵が出現する隠し部屋と障害物を超えるアスレチック

2種類が存在する。

殲滅敵をすべて倒すとゴールにオカルトスクロールが入った箱が出現

ジャンプ難解アスレチックを進むと3つの中からオカルトスクロールを選べる

慣れると簡単だが2幕・3幕ではジャンプアクションを楽しむような足場をジャンプ

たどり着くのが難しい場所に3つのオカルトスクロールから選べる緑色の箱が登場

特に3幕になるととても難しく時間が掛かるが小休憩にもなり割と楽しい

1幕目/2幕目は巨大な石が転がる間をすり抜けて進むアスレチックも存在する

初見泣かせのむずむずアスレチック


楽しむならソロがおすすめ

上記の事もありLv100以上のプレイヤーが混ざると圧倒的にステージクリアが速く

人数が増えると難易度が上がるのですがステータス強化で火力は段違いです。

その為、Lv10迄一人で遊んでいた時は難しく感じていたゲームが簡単に感じる程

実力に差が生まれてしまいゲームに参加するというよりはおまけの様な存在になり

つまらなく感じてしまう恐れがあります。

私は3幕をクリアしていないので難易度が選べませんが更に難しく設定が出来る様で

ゲームを純粋に楽しみたい人はなるべく1幕までは一人でクリアを目指す事を推奨

マッチングも高レベルを避けた方が良い様に感じます。

もちろん人それぞれ楽しみ方があるので自由に楽しんでもらって構いません


どうしても倒せない場合

ボスのパターンを覚える

Gunfire Reborn Gameplay 1

自力で倒すのがこのゲームの楽しみだとは思いますが何度挑戦しても倒せない

場合には柱を利用したBOSSとの戦い方を撮ってきたので参考にしてください。

BOSSの動き自体はとても単調なのでなれるとかまど(初期武器)でも簡単に倒せます

協力プレイの場合はBOSSのHP攻撃力が上がりとても厄介です。

3人以上でプレイする場合はターゲットを取っていないプレイヤーが倒れた味方を

蘇生する事で時間をかければ柱が壊されてもクリアが出来ると思います。


2幕以降はもっと過酷

Gunfire Reborn Gameplay 2

普通の敵すら強くスナイパーが多く出現する2幕のステージは注意が必要です

シールドが壊れたら引いてしっかり直るのを待ちながらゆっくりと進むのがコツ

上の動画では簡単に感じるかもしれませんがレベルが高いプレイヤーがチームを

引っ張っているだけで実際にプレイすると中々簡単にはいきません。

BOSSは難しくはありませんがステージは過酷です。


まとめ

サマーセールで購入したゲームです、評価が高いので存在を知っていたのですが

評判通り私にはとても面白い作品でした。

早期アクセスという事で今後どのような進化があるのかとても楽しみです。

日本で流行る要素を満たしていて可能性を感じる作品です。

ソロ主体で協力プレイも楽しめるPvE

キャラの可愛さ

大きく運要素を含みながらステータスを上げられるRPG要素

豊富な武器

良心的な価格

何度でも繰り返し楽しめるように仕組まれたシステム

PS4やNintendo Switchで出れば人気間違いないんじゃないかと個人的に思います。

定価でも1500円以下なので間違いなくお買い得

大絶賛ですがそもそもこの手のゲームが好きじゃなければ楽しめないと思うので

色々動画を参考にして楽しそうだったら手を出すのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました