ローグライクカードゲーム:イリスと巨人 Iris and the Giant

Steam game

イリスと巨人はこんなゲーム

ローグライク+カードゲーム

カードにはストーリーにマッチした使い方が可能でターン性のコマンド戦闘ですが

ボス戦ではどのように説くのか頭をひねる必要がありパズルを解くような感覚

周回プレイを前提とし何度も繰り返す事でスターを集め強くなって再プレイ

プレイ中「思い出」に触れ彼女に何があったのかを少しずつのぞき込める・・・

空想の友人を見つけ出し引き連れて行く事で冒険を助けてもらおう。

バトルもストーリーも◎

意思が0になる或いはカードをすべて使い切ることでゲームオーバーになります

戦闘に重要な役割を持つカードは宝箱や敵から奪う事で手に入れることが出来

使用すると無くなってしまう為、しっかりカードを集めながら進めなければならない

敵によっては悲しみカードを押し付け妨害をしたり言葉で攻撃してくるヒドイ奴など

様々な敵が彼女の進行を妨害してきます。

そういった様々な特徴を持つ敵に適切なカードを使用して戦っていく

チャレンジでは決められた手順で敵を倒すパズルのような戦闘

クリスタルをすべて集めてクリア出来れば報酬が増え戦闘を楽にしてくれます。

難易度が高くノーマルモードでは苦手な人には難しく感じると思います。

ローグライクカードゲームは好きだが苦手な人はイージーモードをお勧めします

思うように進めずストーリーが見れず諦める位ならストーリーを楽しもう

負けてもまたすぐプレイしたくなる仕様

日本語対応でチュートリアルも丁寧

ゲームを始めるとチュートリアルがあるのだが丁寧でとても分かりやすかった

重要なのは意志(HP)とカードが0にならないようにする事だけ

1.手札

最初は4枚のみで手札を使うと自分のターンが終了する

手札の枚数はスターを集め特性を強化したりカードの効果で増やすことが出来る

2.クリスタルと青スター

クリスタルは落ちていたりブロックの中に埋まっていることもある

決められた数集める事で強力なカードセットを手に入れることが可能だ


青スターは敵を倒す事で増えていきこちらも決められた数倒す事で強化が可能になる

特性強化は手札を増やしたり意思の最大数を増やす他、即座に宝箱を開けるなど

状況に応じて適切なものを選ぼう。


3.イマジナリーフレンド

空想の友人は長所と短所が存在し友達を作るには条件が必要だ。

この条件はゲームを何度もプレイする事で知ることが出来その上限を満たすことで

ゲームプレイに連れていくことが可能になる。

種類は様々用意されており連れていくことが可能。

周回プレイでスターを集めて解放される記憶から特定の物を選択する事で最大3体

連れていくことが可能になる、メリットとデメリットを見比べて自分に合う

友人を見つけお供として連れて行くのが理想的。


4.宝箱

カードが入っている重要なアイテムである。

この箱は攻撃することも可能だが攻撃してしまうと手に入るカードが減るので注意

記憶の効果で選択肢を増やすことが可能で優秀なカードほど枚数が少ない。

5.チャレンジ

すべての敵を倒すことで解放され入る事で限られた手札を順番に使いダメージを

受けないように敵を倒すパズル的な戦闘を楽しめる。

3回までミスが許されやり直し可能、クリスタルを3つ集めることができれば報酬が増え

その後の戦闘を楽にできるかもしれない。


死んだら最初からプレイ
これらのプレイ中に強化された要素は次回のプレイではリセットされてしまうが

集めたスターによって様々な項目を強化した状態で始めることが可能。

なるべく1プレイを大事にプレイして多くのスターを獲得しよう。

赤スター:強敵を倒すとその場に落としカードの能力を強化してくれる

宝箱:(記憶で選択肢を増やした状態)

記憶はプレイするほど数が増えつけられる数も増えていく

ゲームオーバーになるとプレイに応じて次回有利になる報酬を手に入れる

今回のプレイの結果を受けて報酬を受け取れる

次回デッキにカードが追加されたり

イマジナリーフレンドの解放条件がわかったり

記憶が解放され戦闘が楽になったり

と、頑張るだけ次のプレイを早くやりたくなりついついプレイしてしまう。

よくできたカードゲーム

なんとなくプレイしていたらストーリーが気になってくる

ストーリーは断片的に思い出を見つけたり敵を倒し先に進んでいく事で見ることが出来る

あまり具体的に描かれないのでプレイ中いろいろなことを考えて気になっていく・・・

単純にカードゲームのシステムが面白くプレイしていたら割と暗めなストーリーに引き込まる

ノーマルでプレイしていたがストーリーが気になりすぎてイージーで最初からプレイした

ゲームのスロットは6個存在するのでまずはノーマルでプレイし難しく感じたらイージーに移り

ストーリーを楽しむのは良い選択だったと感じます

物語の序盤である巨人の道では彼女の暗い記憶と寄り添う父親の記憶が描かれている

ほかに渡し守りの道クロノスのチャレンジがありどのような展開があるのかとても楽しみ

Steam他様々なプラットフォームで楽しめるゲーム

開発元:Louis Rigaud
パブリッシャー:Gobliz Publishing,Maple Whispering Limited,mugen Creations

Nintendo Switch,IOS,Android,Prime Gamingパブリッシャー:Plug In Digital

任天堂スイッチ版

IOS版

Android版


またはアマゾンプライム会員なら特典として2021/4/16~5/14迄、受け取れます

個人的にはPrime Gamingの配布された中では一番の作品じゃないかなと思います。

2021年3月にBlasphemousが配布されるなど最近は中々当たりが多いです

プライムビデオやお急ぎ便のサービスが有名ですがPrime Gamingも名前は変わりましたが

数年前からサービスに含まれるのでプライム会員ならプレイしてみてください。

Prime Gamingは他のサービスと別になってて分かりづらいのが勿体ないですね

Twitch Prime Prime Gamingのページはこちら

タイトルとURLをコピーしました