スポンサーリンク

Battle Royale Game:Cuisine Royale

Battle Royale Game

何があったんだ?

Steamで配信されている基本プレイ無料ゲーム

基本プレイ無料!

容量は大よそ5.6GBで、プレイしていても動作が軽く感じました。

注意:1年以上前のプレイとの比較になります。


Cuisine Royaleというゲームは2018年にSteamで登場し当初は無料配布されその後運営の為に販売されていた。

少し調べてみた所、いつ頃基本プレイ無料になったのかはわかりませんでした。

ゲーム内容はBattle Royale Gameなんですが防具が独特でお鍋などの

調理器具を身に纏いカラカラカラ音を鳴らしながらデパートの紙袋を腕にブラブラ

フィールドを走り回るネタ寄りのBattle Royale ゲームでした。

Cuisine Royale Gameplay Trailer

お気楽なんですが操作した感覚がフラフラしていてなんかゲーム内容もゆるゆるでキルした時の爽快感もなかった記憶です。

ゆらゆら揺れてふわふわジャンプする感じです。

冷蔵庫に料理があったりして食事をとる事で回復するゲームでその緩い雰囲気は好きです。


今回は1年ぶり位にゲームを起動しました。

その理由が数値を見て興味がわいたからなんですが見てください。

データを見る

出典Steam Charts


注目してほしいのは最近の伸びです

プレイヤーが離れてしまったゲームがなぜこれほど戻す事に成功したの

かが気になりました。

そこで今回は久しぶりにCuisine Royaleを起動しプレイヤーが増えた原因を

個人的に探ってみました。

ゲームを再構築カジュアルで面白いゲームへ

すぐにわかった変化

現在はXBOX ONEやPS4でプレイが可能

日本語でプレイ可能☚これは我々にとって大きいですね

さすがにアップデート情報は英語のままでしたがゲームプレイは問題ありません。

BOTが入り素早いマッチング☚待機時間もなくもういきなりスタート

サクサクプレイ出来るってのは重要です。ソロ参戦

武器防具の追加

近年のアサルトライフルなどが追加されていました。


衝撃の変化

‘Black Sun’ Update / Cuisine Royale

時を経て見るとかっこよくなり過ぎてびっくりしました

以前のネタに走ってた時代は何処に行ったのか鍋などが

Trailerからは消えている!が安心してください、ゲーム内では今も装備出来ます。



アビリティーを使いこなすゲームになっていた!

元々のこのゲームを知っているプレイヤー達は驚くかもしれません。

最初にキャラクターを選べるんですがそれぞれ持っているアビリティーが違うようです。

能力者バトルは好きですよ、これはもう完全にヒーローシューターですね!

とは言えアビリティー連発が出来るわけじゃなさそう。

連発できるアビリティーを確認

高速移動するアビリティーで連続して瞬間移動を繰り返していた。

左の2キャラを無料で選択が可能

他のキャラクターはどうやら課金?キャラの様です。

瞬間移動したり獣の様に4足歩行になり大暴れしたり凄すぎます。

今回はアビリティ「ビースト」を使えるキャラを選択しました。

こんなのに襲われたら腰抜かしちゃいますね

ジャンプシューズの効果も乗り迫力があります

実際にプレイヤーに対して使ってみるととてつもなく強い!

2対1でも勝ってしまうほどのポテンシャルを持っていました。

今回のプレイではキル以外に入手する方法があるのかはわかりませんでした

他にもキッチン(スキルツリーの様な物)でアビリティーが増える様子です。



キッチンではゲーム内通貨を使用して増やしていくものが多くアビリティー以外にも

身に着ける物(能力が付いている)を手に入れる事が可能で一部

レシピ本が必要になります。

これはキャラ育成になるんでしょうか。


課金要素

レシピ本

キャラクター

見た目


TPS/FPS注目

このゲームは二つの視点でプレイが可能です。

ただし銃を撃つ時はFPS視点になるのでそこを注意してください。

私はCuisine Royaleのシステムに感動しました。

通常TPSの方が索敵面、籠城や障害物裏から位置がばれずに優位となります

しかしこのゲームではTPS視点で隠れている場合その隠れた場所を知らせる

が出現します、実際には蝶々や小鳥ですがあえて虫と表現しました。

このシステムによって一方的に優位であると言う今までの常識が覆ります。

TPS視点の相手が障害物から隠れてみているつもりでも位置を知らせる

TPS切り替え時に蝶々や小鳥が舞うので狙われているはずのプレイヤーは

それを頼りに置きエイムが出来ます

FPS視点に戻すと収納されTPS視点にすると羽ばたく

TPS/FPSがあるゲームは単純にプレイヤーが分散してしまうのでこういった

システムを導入する事で解消してしまったのは本当に凄い。


置きエイム=予め体を出す地点に狙いを定め構え撃つ事


上手いプレイヤーは多い

今回7試合行いましたが、優勝する事は出来ませんでした。

とは言え2位や3位にはなっているのでゲームは楽しめました。

撃ち合いに敗れすがすがしい最後でした。

辛い時期を乗り越えてきた歴代のプレイヤー達だと思いますがとても上手で

先制攻撃を行っているはずなのに返り討ちに会います!

このゲーム基本的にはアイアンサイトなので(Sniperにはスコープがある)

慣れていないと合わせづらいのですが強かった・・・


BOT

BOTはプレイヤー人口が少ないBattle Royale Gamesではほぼ定着しそうな

存在ですがマッチングを早めたりするのに優秀です。

Battle Royaleは毎回戦う環境が違うので実戦で練習する事が重要です

特にBattle Royaleでは交戦距離や状況が毎回異なるので特に長距離で発見した場合

実戦と同じ、環境で狙撃の練習に素早くAIMを合わせる練習になります。

正直マッチ内のプレイヤー数はよくわかりません。

ただ強かったらプレイヤー?って感じで最後にはほぼ確実に遭遇します


BOTの見分け方ですが大体こんな感じです

遠い時に撃つとしゃがんで撃ち返してくる

高速ターンして打ち返してくる

ジャンプしない

この辺はほぼ確定と言って良いでしょう、しかし油断するとやられます!

BOTだからといってなめると痛い目にあいます。



感想

まず第一に面白くなっているので嬉しかったです。

失礼な言い方ですが大抵のゲームは持ち直さず消えていくものが多いです。

ゲームプレイ

戦闘で倒した時の感覚も良く銃声を聞いて方角が分かりやすいのも良かった

当初なかったマップは起伏があったりピラミッドを探索したり楽しかった


仕掛け

マッチ中にはスロットマシーンが存在してこれまたマッチ中にある

”アステカ金貨”を拾い消費する事でアイテムガチャを行えます。

これはマッチ中のみですがレベルの高いバッグだったり防具だったりを狙えます。

この辺の遊び心がこのゲームの良さなのでプレイしたら回しましょう。

フィールドに存在する冷蔵庫

稀にいい装備が入った特殊な冷蔵庫が存在し開ける楽しみがある。

車も存在するんですが特になくても困らない点も良いです

装備品

このゲームHP以外にスタミナが存在します。

スタミナを消費して走ったりします、歩いたり止まっていると回復します。



装備が重いとスタミナの消費が激しくなり鈍くなります

装備が強いからと言って必ずしも強い訳じゃない点は面白いですね。

パンツ一枚の方が機敏です。

防具沢山スロットがありますね、当初から防具のスロットは多かったんですが

この様に装備品の中にはジャンプ力が上がるアイテムなどが存在

移動速度が上がる物も存在するのでアイテムを漁るのも楽しみです。

ガチ目の装備になるとミリタリー仕様の防弾チョッキなどになります。

鍋など調理器具が今でも健在なのが個人的に嬉しかったです。


分隊戦

BOTが出現しないのに加えてどうやらチームメイトの気絶の復活と

完全に死亡した後の蘇生が可能のようです。


まとめ

ぶっ飛んで行こうぜ

カジュアル向けだがTPS/FPSの差を減すシステムが良い

試合のテンポよく、次のマッチに参加出来る

装備品が充実していて移動速度UPなど面白い能力もある

装備品は身に着けている物より弱い場合は拾えず初心者に優しい

スロットマシーンが存在し拾えるアステカ金貨で回すことが可能

ゲームマッチはSOLO/Duo/Teamが存在

今回はSOLOモードで遊んできました。


アビリティーなどに関してはまだまだ勉強不足です

使い所がよくわからないのでもっと遊ぶ必要がありそうです。

気軽にBattle Royaleをしたいのであれば遊んでみてください。

更に興味を持った方はこちらの記事をお勧めします

⇑プレイ動画もついています。


タイトルとURLをコピーしました