長時間のパソコン作業で実際に使っているグッズ


毎日10時間程PC作業を行っています。

4月から家からPCでの仕事を始めた人もいると思います。

私は普段ゲーム系のブログを書いているのでこういった商品紹介などはしていないの

ですが、色々商品を並べるよりも実際に自分が使用している物を紹介した方が参考

になるのではないかと思いました。

パソコンを長時間使い続けると起こる変化

慣れないデスクワークを長時間続けると徐々に体にある変化が起こります。

肩こり

腰痛

ドライアイ

ここにもう一つ真剣な話として長い期間続けていると



⇑結構深刻な悩みでなるべくならない様に対処しないと色々大変です。

主にこの4つの問題に悩まされます

肩こりが悪化していくと腕の痛みしびれになってきたり首が痛くなります。

あくまで私の実体験なので環境と個人差はあります。

激しい腰痛はまだないですが肩こりとドライアイは良く起きます。


姿勢が大事

椅子にもいろいろありますが、現在使っている普通の椅子とおしりの間に挟む

だけで効果を発揮してくれる商品

【Amazon.co.jp 限定】Style Athlete Ⅱ(スタイルアスリートツー)

姿勢を自然な形で保ってくれる

私が使っているのはもう一つ前のモデルなんですがこちらの商品は実際に

2年ぐらい使っています、近所でたまたま見かけて購入したのがきっかけです。

ポイントは背骨が正しい形になるようにしっかりとサポートしてくれる所です。

普通の椅子や背もたれの無い椅子でも疲れ辛い状態にしてくれるのは優秀です。

背もたれの無い椅子で使用する場合は体重をかけて転ばない様に注意です。

+aで更に良くなる

⇑こちらの商品だけでも良いのですが毎日10時間PCに向かい作業を行うとなると

肛門へのダメージが蓄積し痔になってしまいます。

勝野式 携帯便利Gクッション ブルー

やはり痔対策にはドーナツ型のクッションが最適だと思います。

数ある中でこちらを使用している理由はサイズがちょうどよく先ほど紹介した

商品と合わせて使える点です。

割と薄いので心配な人は肉厚の別の商品を探すのもありだと思います。

長い期間PCでの作業を行うには姿勢が一番重要だと思います。


背もたれありの椅子でそこまで長時間座らないなら

Angma ゲルクッション 2020最新 二重 腰楽クッション 両面使用可能 腰痛対策 無重力 体圧分散 椅子 車 オフィス 自宅用 カバー1枚 (水色)

体が大きい方はこちら

ゲルクッションで体重を分散してくれるのでお尻にも優しいです。

正直忙しい時などは先ほど紹介した二つの商品でも辛い時があります

(今日は頑張りすぎたからお尻に来そうだなと感覚的に分かるようになってきます)

そこでたまにこちらを代わりに敷いてしばらく使うようにしています。

ちょっとひんやりするので夏場なんかは良いですが冬は少し冷たいです。


背中に付けるサポーターなどもあるが?

私には合わなかった

実際に背筋を伸ばすサポーターなども試したことがありますが・・・

サポーターは体に身に着けるので慣れないうちは気になりますし大抵壊れます。

意識して首が前に出ない様にしたり背筋を伸ばすなどしない限り恐らく無意識の間に

体がサポーターに抵抗をして結果的に徐々にサポーターが劣化していくのが原因だと

思われます、体よりも丈夫なサポーターは逆に体にとっては良くないと思いますし

経験を踏まえて私はあまり必要ないかなと思っています。


ドライアイ

ドライアイは目薬+PCメガネで予防をしています。

【第3類医薬品】新ロートドライエイドEX 10mL

粘度があり目に浸透する物を選ぶ

愛用しているのはこの目薬でどろっとした粘度が特徴です。

こちらの商品は薬局などで購入出来てお勧めです。

とろみのあるドライアイ用の目薬であれば似た様な効果がありそうです。

Amazon.co.jp: PCメガネ: パソコン・周辺機器ストア
パソコン・周辺機器ストア の優れたセレクションでオンラインショッピング。

PCメガネなんですが私が使用しているものが売ってませんでした。

PCメガネはブルーライトカットが特徴でカット率が高く良い物ほど高価です。

私は3000円ほどの安い奴でJinsのメガネを5年ほど使っていますが問題ありません。

意外と差が出るマウス

普通のマウスは腕を動かす為に小さい動作でも長時間ではとても疲れます。

最初にゲームのブログをやっていると言いましたがFPSゲームも取り扱う為

ゲーミングマウスを使用していますがそれとは別にトラックボールを使用しています

エレコム トラックボールマウス/親指/5ボタン/チルト機能/有線ブラック M-XT2URBK

腕全体の負担が減る

親指で動かすタイプで他と比べると割と安いトラックボールです。

細かい作業には向いていませんがボタンの多さと価格的に満足しています。

細かい画像編集やゲームをする以外ではこのマウスを使用する事で右腕に負担が

掛からない様に気を使っています。

普通のマウスよりも腕に負担がかからないので普及するべきトラックボールですが

なぜかあまり普及していないのは残念です。

他にも両手どちらでも使用出来る物や人差し指・中指で操作可能な物まであります。

細かい作業もトラックボールで行う場合にはそれなりに値が張るようです。


まとめ

結論:体を傷めない為に必要な事

・姿勢

・筋トレ

・目のケア

・自分に合った机/椅子の高さ調整

・モニターの高さ

予防や対策をした事で完全に抑える事は出来ませんが和らげることは出来ました。

地べたに座っての長時間のPC作業はオススメしません

背もたれのある座椅子であれば多少はマシだとは思いますが姿勢の悪い状態で

座布団などに座りローテーブルでのPCは背中に負担がかかります。

私は2週間ほど実践した所、背骨が痛くなり耐えきれず椅子と机を購入しました。


椅子や机は至って普通の物を使用しています。

(二つ合わせて2万円行かない程度)

机の高さや椅子の高さなども長時間の作業ではポイントになってきます。

身長が関係しそれぞれ違うので今回は取り上げませんでしたが気になる人は

検索してみるとすぐに出てくると思います。

今回はパソコンに毎日10時間向き合い実際に使用しているグッズを紹介しました

個人差はありますが体を痛める前に参考にしてみてください。


結局肩こりには筋トレ

肩こりはストレッチなど筋トレをする事で和らぐので健康の為にもおすすめです

首が前に出る場合

気が付くと首が前に出てしまう場合には以下の点をチェックしてみてください

モニターが低すぎる

椅子と机の距離が離れている

視線が下がりすぎない様に高さを調整する事をお勧めします。

又、机といすの距離感(座った時の引き具合)も気を付けてみてください。

首が前に出る状態は肩こりに繋がるのでなるべく意識して改善した方が良いです

タイトルとURLをコピーしました