Steam:リミテッドユーザーとは

Steam game

Steamの機能を知ろう

これからSteamの人口はますます増える事が予想されます。

PCゲームをする場合Steamは通る道であるべきですしゲームメーカーも

結局Steamに返ってきますよね。

又、何かしらの原因により新しくアカウントを必要となる場合もありますね。

今回はリミテッドユーザーについて解説します。

主にこんな人向けの記事

Steamを最近始めたがフレンドを追加できない

Steamレビューが利用できない

あくまでリミテッドユーザーであることが原因で使えない場合になります


リミテッドユーザーとは?

リミテッド限られた/制限された

一見かっこいいんですがリミテッドエディションとかですね。

今回の場合はある条件を満たさなければ行動を制限されるユーザーを指しています。

参考元Steamサポート制限付きユーザーアカウントページ



なぜこのような制限が必要なのか

スパミングやフィッシングなどを目的としたユーザーからお客様を守るため、

いくつかの機能に制限を設けています。

コミュニティにおいて、有害なユーザーは大抵アカウントで購入することは

ありませんので、制限によって迷惑行動からのリスクを軽減することができます。

有害なユーザーが通常のアカウントと異なる点として、

アカウントを長期間使用しないため、 消費しないということがあげられます。

したがって、 いくつかのSteam機能はSteam上での消費額が$5.00

(USDまたはそれ同等の額)を超えてから使用可能なようにしました。

我々ユーザーを守るためにこのような仕組みがあるんですね。

引用された分に含まれるようにUSDで5ドルを超えれば制限は取り外されますが

実は5ドルを超えなくてもフレンドを追加する方法があります

フレンドに成りたい人からフレンドを受ける

目的はフィッシング詐欺だったりスパムをする悪い人から他のユーザーを守る為

なので、いやがらせではありません


フレンド側から招待を送ってもらう事で追加が可能になります

・フレンドコードを制限のないフレンドに登録してもらいましょう



フレンドコードを調べる

フレンドタブフレンドを追加フレンドコード


自分からフレンドを送りたい場合はUSDで5ドル支払う必要があります


マーケットを利用したい人に関してもやはりUSDで5ドル以上支払う必要があります。


支払うと言っていますが、ストアなどでゲームを購入したり友人などにギフトを

合計でUSDで5ドル超えれば問題ありません!

Steamウォレットに5ドルをチャージする事でも解除されるようです。

USD=$(ドル)通貨を指し、日によって円の計算が変わります。


注意

返金機能を使用した場合は5ドル未満になった状態で再び権利をはく奪され

リミテッドユーザーに戻されます。

ギフトで受け取りは対象になりません

CDキーは対象になりません

店頭販売は対象になりません

制限される項目一覧

リミテッドユーザーはいくつかのSteam機能の使用ができません。

以下が含まれますが、これに限定されるものではありません

・フレンド招待の送信

・グループチャットの開始

・Greenlight、Steamレビュー、ワークショップアイテムへの投票

・Steamマーケットへの参加

・Steamフォーラムへの頻繁な投稿

・Steamプロフィールレベルの上昇(レベルはゼロのまま)とトレーディングカードの入手

・Steamワークショップのへのコンテンツ提出

・Steamワークショップフォーラムへのアイテムの投稿

・Steam Web APIへのアクセス権

・ブラウザとモバイルチャットの使用

文章を読むとこれは一部で公開されていない部分でも何か制限があるようですね。


無料ゲームやデモ版のプレイなど普通に遊ぶ分には何ら問題はありません

フレンドからのギフトなども受け取る事が可能です



書いた経緯

今回はリミテッドユーザーを取り上げましたが無料でSteamを楽しんでいる

プレイヤーなどほとんどのプレイヤーには何ら影響はありません。

しかしこれからGeForce NOWが迫っているのでSteamの人口が増えると

予想を立てています。

その際に”フレンドが登録できない!”なんて状況が起こるかもしれないので

備えて書いてみました。


タイトルとURLをコピーしました