PUBGLITE:初ドンマニュアル

PUBGLITE

まだドン勝が出来ない方向け

私は今までいくつか初心者向けの記事を書いてきました。

今回は1試合を通してパラシュート降下やアイテム管理/時間管理を中心に書いていきます

パラシュート降下

パラシュートはスタートダッシュで非常に重要

パラシュート降下が慣れていない皆さんはまずマップにピンを置きましょう

DUO/SQUADでは意思の疎通に

距離感を掴むのにもピンを打つ事は非常に便利

飛行機が離陸する前に終えておくことが理想です

パラシュート降下中は基本的にWを押しっぱなしです

大きく分けるとこの3つ

1000m以内:降下方法によりある程度他プレイヤーと差がつく

1000m~1500m:ほぼ水平移動で166㎞で降下する範囲で降りるタイミングのほうが重要

1500m以上:早めにパラシュートを開く or 目的地との間にある車両を使う

1000m以内では早く降りれるとされる手段がいくつかあります。

目的地までの間に166㎞~220㎞の間を体を水平にしたり斜めに向ける事で

速度をコントロールし段々と高度を下げながらパラシュートが開くまでの時間を

早め目的地に向かう方法

これは非常に慣れが必要ですが本家PUBG時代から流行っている降り方。

ある意味オーソドックスと言えるえるかもしれません

もう一つは600m

飛行から600m地点から降下し210㎞で固定したまま目的に近付きます

おおよそ150mまで近付いたらshiftを押し垂直落下を開始すると言うもの

上記二つの方法は遅いと言う事はないので試してみてください

どちらもポイントは150mまで近づいたら垂直落下をすることです


1000~1500mではさほど変わりはありません

この辺はほとんどの時間を166㎞固定の水平移動です

厳密には1000~1200m位までは少し速度を上げる時間があるとは思います

さすがに細かすぎるのでここは慣れてきてから自分でコントロールしてください。

なるべく最大距離(早めに降りる)事で他プレイヤーよりも早く降下が可能です


1500m以上

ここまでくると水平移動だけでは届き辛い距離になります。

1500~1700mぐらいまではWをちょいおしでゆっくり降下することで

行く事が可能ですがそれ以上になると早めにパラシュートを開くなどの工夫が必要

3000m先のポイントに行きたい場合は素直に航路と目的地の間に沸いている

車両を探して車やバイクで目的地に向かいましょう。


時間管理

時間の管理とアイテム管理

最終的なリュックの中身(これ以降は拾わない)

想定しているリュックはLv2リュックです

弾薬:メインの弾薬200+DMR弾薬100 or SR弾薬30

回復系:応急処置キットx3 包帯x5 ブーストアイテム 3~

投擲物:スモークx2~3 グレネードx1~2


時間を頭に入れておく

初心者がやりがちなのがアイテムを物色する最初のフェイズで

時間の管理が出来ずにパルスに追われ続けてしまう事です

ならば、最初から動き出す時間を決めてしまいましょう!

この記事を見た方は1分前行動を試してみてください。


時間までに行うこと

まず最初の目的地にあなたが着陸しました。

アイテムをかき集めます

降りるまでに自分が使いたい武器をイメージしましょう

あなたが欲しい武器に必要なパーツを頭に浮かべましょう

あなたが使用したい倍率スコープを頭に浮かべましょう

実際に最初集まる武器はほとんどの場合そうではありません!

妥協できる武器ならばキープし今のあなたのメイン武器として使いましょう。

(フルオート可能なアサルトライフルがバランスもよく

例え希望の武器が見つからなくても今後最後まで戦える場合が多いです)

とりあえずとして持っているその武器を希望の武器が見つかるまで使います

その間にも上で挙げた自分が使いたい武器のパーツをキープしましょう

パーツなどを集める場合にアイテムがいっぱいになるのを避ける為

弾薬は100発と自分の中で制限を設けましょう

注意なのは最初のフェイズで安全地帯の外なのに欲張って漁りすぎてしまうこと

夢中になる事は良い事ですが最初に欲張りすぎてアイテム収集してしまうと

今後パルスに追われるゲームプレイとなってしまい趣旨が変わってきてしまいます。

幸いPUBG LITEは車両が多く湧きますのでパラシュートの段階で

あなたが漁る領域の何処に車両があるかを把握しておくことが理想です


補足

ブーストアイテム

ブーストアイテムは移動前に使用する物だと思っていいです

PUBG LITEの場合非常に物資が多くブーストアイテムはかなり拾えます

最低3個あれば十分なのですが、豊富にあるアイテムなので余裕があれば

常にブースト状態を維持していても損はありません

ブーストアイテムは3個以降は別のアイテムを優先

エナドリ+武器パーツ(希望の武器がまだない場合)+応急処置+包帯

スモーク+グレネード👈これを持って余裕がある分はブーストアイテムで埋めましょう

細かく決める必要はなくあくまで目安でOK

この場合”軽量グリップ”がある事からSRL→SKSを狙って居る事が

武器パーツの知識がある人間ならば読み取る事が出来るはずだ


はい!あっという間にパルスが移動するまで1分の時間になりました。

ほとんどの場合、理想的な物資は揃っていないはずです

車両に向かい次の地点へ向かいます

慣れるまではサークルの中心付近にある町や集落を目指しましょう

真ん中付近にさえいれば次の安全地帯から外れることは滅多にありません

↑これを繰り返していくわけですが、2フェイズ終了した時点でほぼ物資が揃ったら

3フェイズ目からはサークル内の高台などを目指しましょう

貴方が近距離に特化した武器を利用したいのであれば家屋を陣取るのもありです

高台をとっている場合は周りの状況を判断しやすくなり索敵が活きます

最低でも倍率の高いスコープがないとあまりメリットがない


2フェイズ以降は時間になってサークルが決まってから動きだします

フェイズの変わり目に余分なブーストアイテムを使用しましょう

余裕が出てきたら周辺をスコープなどで遠くから監視しておきましょう


1分前行動・早く動くメリット

動き出すのが早ければ救援物資を獲得しやすいです。

1回目の移動で中心付近にいる場合救援物資が落ちるのが高確率で確認できます

飛行機の音がしたら航路をしっかりとチェックしてみましょう。

ADを交互に押しながら救援物資の中身を取り出して速やかに離れます。

後半の救援物資は非常に目立つのでなるべく避けましょう。



救援物資の最大のメリットはLv3ヘルメット/ベスト/リュックが入って居る事

4倍以降のスコープも入ってる確率は高いです。


終盤の立ち回り


車を捨てサークルの端は慎重にクリアリングする

車を使った最終局面も非常に有効だが難しいため今回は徒歩メインで話します


このゲームの特徴である最終局面はどんな地形になるかわかりません。

しかし範囲が狭まり、車両では音で場所がばれてしまいます。

マップを熟知していれば地形が頭に入っているのでルートでも安全なコースを辿れます

これはなれる必要があるので出来るだけ好きなマップを中心的にやりこみましょう

家屋or 地形の起伏や岩・木を盾としながら戦いことがほとんどです。

家屋をとった場合相手に想定されやすい(最悪の場合ロックされます)

ロック:出口を監視・狙い撃ちされ動けなくなる事

基本的には屋外の起伏を使った戦い方をする事が望ましいです。

開けた場所はスモークを使用して移動する

銃撃に自信がない場合はむやみに撃たず相手が止まるのを待ちましょう

グレネードがあり届く範囲であればしっかりと溜め投げをして先制攻撃に使いましょう

溜め投げ:爆発までの時間を調整し標的近くで爆発するようにコントロールする事


サークル際をクリアリングするメリット

サークル際をクリアリングする事で背後からの攻撃を未然に防ぎます

次の収縮はほぼ今の地点から中心に向かうので後々あなたの背後になります

稀にパルス内から侵入するプレイヤーが要るので注意しましょう


最後の二人

あなたと他プレイヤーだけになった場合は落ち着きましょう

絶対に怯えて引きすぎない事

3人の時点で相手が銃声を出し倒した場合は一気に詰めてしまおう

いずれパルスは中心に向かって縮んでいきます。

重要なのは内側を取りながら相手より有利な状況を作り出し戦うこと

・有利な位置を取っているなら焦らずサークル際まで詰め威嚇射撃をしましょう

・相手が確実に倒せる範囲内に来たら一気に勝負を決めましょう


まとめと小技

最初のパルス収縮開始1分前に車で移動を開始する

使いたい武器に必要なものを頭に入れておく

こまめにマップと時間をチェック

隙あらばブーストアイテムを使う👈最終局面に2個は残そう

救援物資は最初のほうだけ

終盤はなるべくアイテムを拾わずに隙を減らす

投擲物を有効に使って戦う事

銃声が聞こえたらすぐにミニマップを見る事で敵の方角を知る事が可能

正確な位置は分からない

ラジオホイールちょい押しで見ている地点の距離を知れる

マップ上に自動的にピンが打たれる為、暇なときに距離感をつかむ練習を使用

ちなみにマップの距離を表す小さいマスは縦横100m、黒い太線は縦横1㎞

最終的にはAIMと知識で勝負が決まる、フィールドの起伏を頭に叩き込もう

他にも初心者の方向けにたくさんの記事を用意しています。↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました