PS4やSwitchとも遊べるPCゲームプラットフォームEpic Games

Epic Games

始めやすくてお得なEpic Games

Epic Gamesの人気無料ゲーム

参考元:Epic Gamesストア

FORTNITE(フォートナイト)

Rocket League(ロケットリーグ 開発 Psyonix LLC)

「クロスプレイ」対応の無料ゲームタイトルが多い

紹介するタイトルは(PS4/Switch/Xbox One/PC)間でのクロスプレイが可能です

クロスプレイはプラットフォームが別なプレイヤー同士が一緒に遊ぶ事が出来ます

例)PS4とPCのプレイヤーが一緒に遊ぶ

クロスプレイ対応ならば友達がPCを持って居なくても誘いやすいですよね。

Fortnite 開発/パブリッシャー:Epic Games

Battle Royale Game,TPS

超大人気ゲーム、Epic Gamesをゲームエンジンメーカーからゲームプラットフォームへと

大きくした最高のコンテンツ、PCゲームから始まり今では家庭用ゲーム機やモバイル版も存在

幅広い年齢層からディバイスを選ばずに楽しまれる作品です。

Trailerはいくつもありますが一つの作品の様に素晴らしい物ばかりです

イベントやアップデートなどにかなり力を入れています

Nexus War Launch Trailer for Fortnite Chapter 2 – Season 4

Rocket League 開発/パブリッシャー:Psyonix LLC

スポーツ

2020年9月に基本プレイが無料となりPCでは新規の人はEpic Gamesを通してプレイできます。

基本プレイ無料になった初日には同時接続者が100万人を超える。

人気の対戦オンラインゲームの中では珍しく「球技」です

ブーストを使って中を舞いかっこいいシュートを決める快感は他では味わえません。

このジャンルはRocket Leageが群を抜いている為ほぼライバルがいない状態だと思います

プレイしてから大会の映像などを見ると華麗なプレイに腰を抜かします

Rocket League® Free To Play Cinematic Trailer

Spellbreak 開発/パブリッシャー:Proletariat

Battle Royale Game,TPS

魔法をテーマにTPSで行われ空を飛ぶことで広い空間を使って戦うゲームです

遊んでみると中々難しいゲームですが空中戦は中々他のゲームでは見られないです

Spellbreak Launch Gameplay Trailer | Real Gameplay from Real Players

Rogue Company 開発/パブリッシャー:First Watch Games(Hi-Rez Studio)

TPS

固有スキルを持ったローグを操り4vs4で戦うゲーム。

固有スキルはシールドをその場に展開したり壁の裏にいる敵を感知したりと多種多様

これらの能力がアイテムのガジェットで妨害出来たり限られたクレジットからアイテムを選ぶ

そういった駆け引きも重要なポイントだったりします。

TPSという事で壁際に立つ事で体を晒す事無く偵察が可能で待ちが有利ですがここでもアイテム

スモークや催涙ガスなどで有利なポジションをつぶしつつ連携する事で突破していきます

10月頭にオープンベータが開始され基本プレイ無料で誰でも参加できるようになりました

爆破系のルールで遊べるTPSは珍しいので良いポジションに入ったのかなという印象です

今後どのような展開を見せるのかまだまだ未知数です

Rogue Company – Now in Open Beta!

Hi-Rez Studio

Rogue Company/Paladins/Smite3タイトルがEpic Gamesで遊べます

Rogue CompanyはPCからはEpic Gamesのみでプレイが可能

Hi-RezのゲームはPartyを組んでのゲームプレイを推奨しています

3つのゲームに共通しているのがアイテム/ヒーロー(固有スキル)です

アイテムはゲームの進行でキルに関わる事で多く入手が出来てプレイヤーを強化

後の試合展開に大きく作用する重要な要素です。

ベースとなる強さはヒーローの能力が大きく対峙する敵との相性がとても重要

Paladins 開発 Evil Mojo Games パブリッシャー:Hi-Rez

FPS+MOBA

30体を超えるヒーローが得意とする役割を活かして5vs5の戦いを繰り広げる

チャンピオンはそれぞれ固有スキルの他に20枚のカードを組み合わせたロードアウトで戦う

更に3つのタレントが存在するので同じチャンピオンでも全く違った戦い方が出来るのが魅力

キャプチャーポイントの制圧後に出現するペイロードを相手陣営まで押し込むのがメインルール

ゲームの時間経過とチームに貢献する事で得るクレジットでアイテムを購入し試合を有利に進める

ヒーローシューターゲームで豊富なチャンピオンが存在する中でクロスプレイで楽しめるタイトル

マウスとコントローラー入力デバイスの違いでサーバーを分けて遊ぶ事が可能です。

Paladins – Cinematic Trailer – "Go To War"

Smite 開発元 Titan Forge Games パブリッシャー(Hi – Rez Studio)

MOBA+シューティング

2.5次元と言えばいいのだろうかMOBAにシューティング要素が加わったゲーム

上下に狙いを合わせる事は出来ないが360度回転させ敵に合わせて攻撃を仕掛ける

ヒーローの数が110を超えており全てを扱えるプレイヤーは居るのだろうか?

神様がモチーフのキャラクターが多く魅力的なキャラデザイン

3つのタイトルの中ではアイテムがとても重要で種類も沢山ありMOBA+aというゲーム性

SMITE Cinematic Trailer – 'To Hell & Back'

GeForce NOW Powered by SoftBank

ちなみに紹介した6タイトルはGeforce Nowを通してプレイも可能です

ゲーミングPCが無くても遊べるクラウドサービスで本登録から31日間無料で利用出来ます


他にも様々な無料ゲームが存在します

紹介した6タイトルを含む計17タイトルが基本プレイ無料のマルチプレイで遊べます

恐らく今後も増えていくでしょう

シューティングゲームばかりではなくストラテジー要素が多い物もあります。

こちらで基本プレイ無料のゲームをチェック出来ます

参考元:Epic Games ストア

Auto Chess

本物の オートチェスゲーム 只今世界中で流行っている

マジック:ザ・ギャザリングアリーナ

[Trailer]『マジック:ザ・ギャザリング アリーナ』:公式ゲームプレイトレーラー

始めやすい

アカウント作成が簡単で既存の物を使用出来る

他のプラットフォームでは主にE-Mail出の登録になります

しかしEpic Gamesでは既存のアカウントで作成が可能になっています

・Facebook

・Googleアカウント

・Playstion Network

・Xbox Live

・Nintendo

・Steam

・Apple

お得:毎週ゲームが無料配布される

Epic Gamesでは定期的にゲームが配られます

過去に販売されたPCゲームがEpic Gamesに登場と共に1週間無料で配布されたりします

中には超人気タイトルなんかも配られているのでそこからEpic Gamesを知る人も多いと思います


勢いのあるゲームプラットフォーム

他のプラットフォームからプレイヤーを取り入れる努力が見える

今年はより一層Epic Gamesの存在感がある年だったと感じます

基本無料タイトルが大幅に増えた(現在16タイトル)

GTA5やARKなどの人気PCゲームを無料配布し注目を集めた

新作タイトル発売日に1日限定で無料配布

Rocket Leagueを基本無料として引き込んだのが個人的には一番大きい出来事でした。

日本の有名タイトルも発売される

12月4日発売 ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めてS

出典:amazon.co.jp
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S – PS4

Epic Games ストア:ドラゴンクエストⅪ

Steam ストア:ドラゴンクエスト Ⅺ

PCからはEpic GamesとSteamから発売

Epic Gamesの方が先に発売されSteamは1日遅れで発売されます

値段を比較するとPS4版やSwitch版の方が安くPC版はどちらも価格が一緒です


日本で人気のタイトルが沢山来てくれると人口が増えるので嬉しいですね。

ちなみに2019年のアクティブユーザー日本は全体で16位1.5%

参考元:Epic Games News

このデータは年明けに出してくれたので2021年頭にもまた情報を出してくれると嬉しいです

とても興味がありますね


まとめ

登録が簡単で始めやすい

無料で遊べるコンテンツが充実している

今後も何かしてくれそうで期待が持てる

まだEpic Gamesで遊んだことが無い方は覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました