Paladins7月のアップデートは新チャンピオンも実装と多くの変化が楽しみ

Paladins
スポンサーリンク

次回のアップデートでは50体目となるチャンピオンREI」が実装

更にGEN:LOCKとコラボした特別なクロスオーバーパスが存在します

5体のチャンピオンに特別なスキン着用が可能でZHINスキンには日本語のボイス

チャンピオン調整では大きく変化するチャンピオンがいくつか存在

使われないタレントが生まれ変わるのでなかなか面白い内容になっています

今回は次のアップデート内容に触れながら個人の感想として書いていこうと思います

おそらくこのチャンピオンはどうなるの?とか出てくるとは思うのですが

私が興味のある調整箇所の話ばっかりになってしまいます

アップデートの内容は既に公式ページから確認できるのでチェックしてください

PTSのプレイを基に書いているので実装時に変更される可能性があります

GEN:LOCKのキャラクターKAZU

https://www.paladins.com/news/genlock-update-notes

↑日本語スキン(KAZU)のZHINが結構ラジオチャットを使ってくれています

聞いた感じだと残念ながらアニメとは声優さんが違うようですね・・・

アニメの方は有名な方が担当しています

ちなみにTrovaldも攻撃性能が上がっています

ガントレットのダメージが10上がり190ダメージ

リチャージと無効化のCDが短くなりました

防御は150上がって650シールドのヘルスシールドを与えますがCDが6秒から9秒に

全体の調整をみて思う事

PTSが開いてからアップデート情報を日本語でまとめる為にプレイ

新チャンピオンから多くの調整が入るチャンピオンを触りました

いつも通り発表されている内容と比較しながらまだ実際には調整されてない部分

おそらくこれは手が加えられるのかなと思う部分はいくつかあります

半分の25チャンピオンに小さいものから大きいものまで調整が入るので

内容の把握だけでも大幅な時間が掛かりました

この記事は本来なら日曜日までに書いておきたかったのですが期間の関係で

PTSが開いている間に全体的な確認をするほうが重要なので遅れてしまいました

初心者だったり普段アップデートの情報を見ない人には中々分かり辛く

連携が取れるチームと即席チームでは差が出てしまうだろうと思う調整に感じます
(新チャンピオンの性能も含む)

その点が心配ですが全体で見るとポジティブだと思います

PTSの段階では次回のアップデートはかなり面白いです

大きく変化するチャンピオン

Barik

タレント「図案」がなくなり「火床」に代わります

ULTを大幅に変化させます

ドームシールドがなくなる代わりにULTチャージ35%を消費し火炎放射器を設置

最大二つまで設置させることが出来、タレットとは別にカウントされます

タレットx2,火炎放射器x2の計4つを設置可能

タレット強化系のカードが活躍します

火炎放射器は狭い範囲ですが破壊しないとかなり厄介でトラップのように

小部屋や曲がり角に設置すると中々対処が難しいです

そのほかタレント「改造」の威力が510→535に増加しています

アイテムの焼灼・打壊・ブルドーザーは強化されます

ブルドーザーは特定のチャピオンのアビリティーにしか効果がないので

買い辛くタレット強化カードを入れる事で買わなければいけない状況を生み出す

駆け引きにも使えるので割と使われるタレントになると思います

ドームシールドは今まで使い辛いULTだったので個人的には嬉しいです

Fernando

Fernandoは生まれ変わるというほど大きな変化を見せてくれます。

それはタレント「イージス」がシールド展開にCDが無くなり

昔のTerminusの様にシールド耐久値が10%あれば展開可能です

シールドは展開中やしまっている間に耐久値が回復していきます

特定のカードがMAXで入っていた場合にシールド耐久値の回復が早すぎて
なかなか割れない盾に変化します

ほかにもタレント「猛者」がチャージを2回使用可能になるなど

3個中二つのタレントの内容が大きく変わっています

Fernandoは今まで同様基本はオフタンクとしての運用が合ってます

Ice Mineのような狭い場所であればポイントタンクとして戦えるとは思います

しかし広いマップで中央に向かってしまうと攻撃範囲の関係で活かせません

フロントラインは敵からターゲットを集めなければなりません

敵にプレッシャーをかけて押し込むプレイスタイルであれば狭いマップで活躍

優先してピックされる或いはこのままの性能ならBANもあり得ると思います

新アイテムでシールドを強化できるのでこの辺もFernandoに有利に働きそうです

↑新チャンピオンREIの良さも出ている動画

Kinessa

イーグルアイの効果が変わる

1発のダメージが下がる代わりにフルチャージまでの時間が短くなります

胴体550ダメージ825ダメージです

遠距離連射型のスナイパーは割と面白い発想だと思います

チャージ速度は速くなりますがマガジンや消費弾薬は変わらないのが注意点

フルチャージ時のマガジンダメージは完全に落ちてしまうので人を選びます
(ロードアウトも考えないと直ぐにリロードするはめになる)

実際PTSプレイ中にプロリーグ優勝経験のあるDPSプレイヤーに遭遇

このタレントを試しているのを同じチームとして見ましたが苦戦していました

フルチャージの瞬間に連発して頭に当てられる実力があるプレイヤーであれば

驚異的なタレントと言えますがほとんどのプレイヤーには使い辛い代物です

攻撃を合わせるチームであればありなのかなと思いますが胴体を打つのであれば

Cassieで十分なので変化前のイーグルアイが好きな私としては残念です

使うのは楽しいので実装後は遊びますがチームを引っ張れるとは思えません

個人的にはOctaviaにこのタレントが来てくれたら嬉しかったですね

↑バンバン連射する新しいKinessaのイーグルアイ

初心者でも扱いやすいチャンピオンとして定着するかも

Jenos

タレント「ルミナリー」が変化

ルミナリー選択時にアストラルマークの10%のダメージブーストが無くなります

アストラルマークを使用する際に既にアストラルマークが付いた全プレイヤーを即座に

250回復を与える性能に変化します


これはアストラルマークがついているプレイヤーが多ければより効果的です

アイテムのクロノスはもちろんカードのアストラルサイクルと相性が良いです

10%のダメージブーストはとても強い性能ですがジェノスを扱う人にとって

状況に応じて判断が必要で難しいものでもありました

ダメージを受けていなくてもとりあえずはDPSを担当する味方に余裕があれば

アストラルマークを与えダメージ増加からサポートするのですがタイミングによっては

フロントラインに回復が回せなかったりするのは良くありました

クロノスを購入していけば常時3体にはアストラルマークが付けられるので

新しくなった効果でとりあえずは弱ったチャンピオンにアストラルマークを使いつつ

ついてない人に使うという単純な行動で回復が回せるのは初級のサポートとして

いい変更だったと思います。

ただ10%のダメージブーストは失われるので今までの効果が良かったと考える

プレイヤーも少なからずいると思います。

アイテムも大きく変化・調整が入る

新しいアイテム「ガーディアン

ガーディアンはブラストシールドがなくなり入れ替わりで追加されるアイテム

シールドアビリティーを持つチャンピオン(ヘルスシールドは除く)

主にフロントラインでBarik,Ash,Fernando,Khanなどがいます

別のロールでいうとダメージチャンピオンのVIVIANがいます

展開(設置する物も含む)タイプのシールド効果を7/14/21%と上昇します

又全くと言っていいほど使用されない「ベテラン

最大HPの4/8/12%をヘルスに増加するアイテムに進化

RaumやYagorathなんかに大きく効果があります

HP増加カードが存在しないキャラクターも上げる事が出来るのでとても◎

他にもHavenにブラストシールドの効果が合わさったりと色々変化があります

壁ジャンプの仕様が変わる!

おなじみの小技・テクニックの壁ジャンプ

壁に近い状態で視点を壁に向けた状態でジャンプを行うと高いジャンプが出る

このテクニックを使ってマウントでショートカットが出来たり

高いところに移動するアビリティーを持たなくても特定の場所に行けたり

割と使えるテクニックの一つです

これからは壁方向にキーを入れながらジャンプ

斜めに入った状態でも適応されるのでおそらく今までよりも簡単になると思います

又戦闘しながら背後や横に壁に近づいた状態でブラスト系の足物を狙う攻撃から

高いジャンプで受けるダメージを減らすなど今まで以上に使える場面は増えそうです

キーの入れ直しが必要になるので僅かに移動距離は短くなりそうですが

その辺は検証したほうがいいかもしれませんね

ちなみにこの項目は公式のパッチノートページには載っていません

PTSでは北米東海岸が北米に変化

期待を込めての話になっちゃいますが前回アップデート前に書いた記事で触れた

PTSで選べるサーバーが「北米から北米東海岸」にと書いたのですが

今回は「北米」に代わっていました。

選択できるサーバーの候補は二つあり、もう一つは普段通り同様ヨーロッパです

普段北米でプレイしていた方ならご存じかと思いますが現在のライブサーバーでは

北米東海岸」で前回それまでの「北米」と入れ替わりました

前回同様一切パッチノートのページではサーバーに関しての情報は書かれておらず

変化があるかは全くわかりませんが快適になってくれたら嬉しいですね

細かすぎるな話な上SEAや日本を選ぶプレイヤーが大半だと思うので何の話か

わからないと思いますが気にしなくて大丈夫です

一目で切断されたチームメンバーがわかるようになる

次回のアップデートでBOTがわかりやすくなる

切断された(故意かは不明)プレイヤーはアイコンで見分けやすくなります

ただし敵チームの場合はアイコンが出ないので注意

新チャンピオンREIも強い

今年は宣言通りアップデートが多い

今年入って次回で5回目のアップデートになります

そして50体目のチャンピオンで今年4体目になる「REI」の実装です

精神リンクで繋がれた味方と一体となり連携が感じられるチャンピオンです

一発のダメージを上限275に抑え4秒間強力な一撃に耐えるアビリティーは精神リンクを通し

一定時間ではありますが味方を保護してくれます

カードには精神リンクが繋がれた味方が受けるダメージをREIが一部肩代わりするなど

味方との連携力とチャンピオンの理解が重要になってきます

そしてULTは最強クラスで超優秀

2秒間REIと味方をダメージから保護して最大まで回復します

しっかりチャンピオンを理解する必要がある
初心者や情報を見ないライト層にとっては難しいチャンピオンに感じると思います

アビリティーの性能上一撃が大きいチャンピオンが敵チームに居ると性能を発揮

リンクを繋いだ味方のULTチャージを上げる能力が優秀でこれを理解しているメンバーで

しっかり連携を取られると相手チームは太刀打ち出来ないほどPTS環境では強かったです

PTSでは評価が難しい

毎回のことなのですがサポートチャンピオンはやたら人気があり争奪戦が激しかったです

何度か取れましたがREIの良さを伝える動画はまったく撮れませんでした

そういうわけであまり今回REIに関して話題に大きくは取り上げていませんが

チャンピオン自体はとても優秀で強いチャンピオンです

1サポート構成でも機能しているチームはありましたが現実的な話をすると2サポート構成が◎

Grohk的なポイントタンクと一緒に戦うスタイルかフランク・オフタンクと行動する

そのどちらもいけるチャンピオンです(味方一人に専念すれば攻撃面でも少し活躍)

アビリティーの一部は説明とは異なる値だったので実装までに変化しそうです

PTSは短い期間に二つのサーバーにプレイヤーが集まるのでその辺も好きだったりします

プロサーキットの称号をつけていたり強者ばかり

日本語がちょっと心配
日本語の説明が一部欠けているなど最近は日本語の説明文が機能していない場合があり

この辺は個人的に気になった点で日本語と英語の説明と見比べるのは少し手間です

アップデート実装当日に間に合えば良いですね


締め括り

ランクマッチではBANの枠が増えるのでその辺も楽しみですね

懸賞金ストアも復活したり内容を頭に入れるのは大変です

キャラの見た目ががらりと変わるのでコラボスキンは絶対手に入れたいと思います

ラジオチャットの使えなかった音声が復活したりいっぱい詰まってます

最後無理やり押し込みましたがこんな感じで終わります

次回のアップデートは7月の後半(21~22辺り)に来るのでお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました