Craftopia:クラフトコネクタの使い方

Craftopia

11/26に実装された新しい装置クラフトコネクタ

チェストなどのスロットが有るものに装着し別のクラフト装置を自動化させることが可能

バイオエタノールを全自動で作れる

方法もとても簡単なので説明しましょう

アンテナ装置のような形をしておりストレージに何個もつけることが出来る

・ストレージ内のアイテムを消費してリンク先のクラフト装置で自動生成が可能

・画像のようにアブソーバーを付けて自動の麦畑と合わせて使っています

ちなみに上や下にも飛ばすことが可能でビームの間に壁があっても使用可能

距離は大体アブソーバーと同じ範囲で多少横にずれていても調整してくれる

(床でだいたい2個分)

自動バイオエタノール装置を作ろう

アブソーバーはおおよそ4面の小麦畑から小麦を回収可能です

16面分の自動小麦畑をまずは作りましょう

自動小麦畑を作れたら4か所にチェストを設置して小麦が溜まるストレージを用意します

↑雰囲気はつかめると思います

16面に設置した小麦畑に回転のこぎりを用意して伐採した小麦をアブソーバーで吸います

空中に設置された壁は「回転のこぎり」が外に出る行くことを防いでいます

床x24,小麦畑x16,壁x16,スプリンクラーx2,電気のこぎりx1,チェストx4,アブソーバーx4


回収した小麦から小麦粉を生成

3方向にクラフトコネクタを設置しその先に鍋を用意しましょう

鍋の設定

・小麦粉を選び「自動生成」を選びます

この設定で小麦粉が自動的に1個ずつ作られるようになります。

上の図を見るとわかる通り鍋には「ドロッパー」をセットします

ドロッパーで吐き出す事でまた鍋が小麦粉を作ります

画像を参考に作ってみましょう

右側のチェストは3方向に「クラフトコネクタ」が設置されておりその先に鍋をつなぎます

小麦粉を自動生成した後にドロッパーで次のチェスト付近に飛ばします

チェストに設置されたアブソーバーが小麦粉を回収する仕組みです

チェスト上部にはクラフトコネクタが設置されているので上の階の「熟成所」に繋ぐ

鍋で設定した要領で「バイオエタノール」を自動生成してドロッパーで飛ばして完成

下のチェストにバイオエタノールが回収されます

4つの小麦畑に3つの鍋で小麦粉を生成する仕組みにしました。

理由としては1つの鍋では小麦の回収量と小麦粉の生産のバランスが悪いためです
(1つの鍋では小麦が消費仕切れずチェストがあふれ回収出来なくなってしまう)

この調子で4か所も同じ仕組みで作ればバイオエタノールを大量生産可能です

結局、半手動で行ったほうが効率はいいですが別の作業ができるのがとても◎

大鍋

落下式の自動小麦畑の装置と組み合わせて作ってみましたが結果は失敗

自動バイオエタノール作りには向いてないと判明

・鳥などの予期せぬ異物混入で小麦粉が生成されなくなる

3スロットを小麦でスタートしない場合「パン」が生成されてしまう

タイミングによって小麦で4つのストレージが埋まってしまう


異物混入は防ぐことは可能ですが一番下の項目がクリアできません。

小麦粉10個を消費してつないだ熟成所のバイオエタノールを作るのですが

小麦粉を消費したタイミングで小麦の回収されていずれ小麦粉が作れなくなる


まとめ

なかなか便利なアイテムです

バイオエタノールを作成後のドロッパーは自分で自由に決められるので工場として機能しそう

例えば自動組み立てのベルトコンベアに流せば自動バイク工場なんかも作れますよね

その他にもいろいろ自動化できるものはあると思うのでいろいろ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました